ハーレーの整備に必要な工具【最低限これだけ買っておけば十分】

ハーレーの工具って何を揃えば良いんだろう?

結論から言ってしまうと、自身が触る範囲で大きく変わってきます。

エンジンを組み上げるなどバイク屋さんなみの整備をするなら、たくさんの工具を揃えなければならないですよね。

しかし、基本的なメンテナンス程度であれば、そんなに工具は必要ありません。

korotsuke

何も知らずに立派な工具セットを買いましたが、使っているのは『ほんの一部』です

今回の記事では、2009年式ダイナ・ストリートボブを例にハーレーの基本的な整備に必要な工具を紹介していきます。

この記事を読めば、使わない余計な工具を購入せずに済みます。

では行ってみましょう。

この記事を書いた人
  • 所有車種:2009年式FXDB
  • 所有歴:12年
  • ブログ運営:1年
  • 整備アイデアやツーリング情報を発信
ころつけです
スポンサーリンク
目次

ハーレーの整備に必要な工具

実際に私が整備で使っている工具をもとに紹介していきます。

基本的な整備に使う工具

  • レンチ

3/8、7/16、1/2、9/16、5/8、3/4、10mm

  • ソケット

5/8、5/8(Cタイプ)、エクステンション

  • ヘックス

5/32、1/4、3/8、5/16、

  • トルクス

T25、T27、T45

  • ラチェットレンチ
  • ドライバー

ソケットとラチェットレンチは、同じ差し込み角の物を揃えないと使えません。

ホームセンターで販売されているのは1/4角(6.35mm)3/8角(9.5mm)1/2角(12.7mm)3種類が主流です。

korotsuke

ソケットを買うときは注意しましょう

上記の工具を揃えると出来る整備

今回紹介した工具を揃えれば、下記のハーレーの基本的な整備を賄えます。

korotsuke

リンク先で整備のやり方・手順を解説しています。良かったら参考にしてください

ハーレー整備用工具の揃え方

『一気に工具を揃えずに、整備するタイミングで揃えていく』

korotsuke

この考え方も悪くは無いですが、ここは思いきって一気に工具を揃えてはいかがでしょうか?

セットで買った方が安く済む

先ほど紹介した工具だけ購入すれば、無駄な工具を買わなくて済みます。

しかし工具を単品で買い揃えようとすると単価が高いので、費用がかさむのが難点。

なので、使わない工具が入っていても、セットで買ってしまったほうが安く済みます。

korotsuke

工具を探す労力もタダではありませんからね

コスパが高い工具セット

自分が何ひとつ工具を持っていない状態だったら「買いたい」と思う工具セットを選出しました。

(DAYTONA)インチ工具セット 43ピース

紹介する工具セットの中で一番ムダの無いセットです。

ユニバーサルジョイントが付属しているのが有難い。

(とても便利)

korotsuke

欲を言えばドライバーが付けて欲しかったところ

AP ツールセット インチ(48点組)

紹介する工具セットの中で一番安価なセットです。

※コチラもドライバーは付属していません。

アストロプロダクツ社は、安価で必要十分な性能の工具を販売してくれるありがたい会社。

私自身もアストロプロダクツ社の工具を何点か所有しています。

korotsuke

実際この価格帯だと、工具の精度の差はありません

POWERBUILT 201ピース 工具セット

紹介する工具セットの中で一番多くの種類が入っているセットです。

ドライバーまで入った充実のセット。

しかし、肝心の欲しいサイズのヘックスとトルクスが何点か不足しています。

正直、こんなにソケットは必要ないし数が多すぎて収集がつかなくなるのでオススメしません。

korotsuke

ハーレー以外も触るなら、買っても良いかもしれませんね

ハーレーの整備範囲を広げる工具類

紹介した基本的な整備に必要な工具のほかに、買い足すと整備範囲が広がる工具を紹介します。

スナップリングプライヤー

スナップリングプライヤーがあると作業の幅が広がります。

  • ハンドルバー周り整備(スイッチボックス含む)
  • クラッチ調整
korotsuke

ハーレーはこれ以外にもスナップリングを多用しているので、1つ持っていると便利ですよ

バイク用ジャッキ

korotsuke

手回しで昇降するタイプよりラチェットで操作するコチラのタイプの方が使いやすいですよ

バイク用ジャッキがあると、全体的に作業がやりやすくなります。

  • 各種オイル交換
  • 車体からのホイール脱着

車のパンタグラフジャッキでも代用可能です。

しかし車体を支える面積が小さいので安定感は皆無。

korotsuke

さすがに車体が300kgを超えてくると、車体が傾いてしまった時に支えられません

安心して作業するためにもバイク専用ジャッキの購入をオススメします。

ニッパー

ケーブル類をまとめる結束バンドを切るのにあると便利です。

私は応急処置用に結束バンドをツールバッグに忍ばせているので、ニッパーは欠かせません。

ツーリング先でナンバープレートが割れた時は助かりました。

どうせ買うなら少しお金を出して、良く切れるニッパーを買ったほうがいいです。

korotsuke

100均で販売されている安物のニッパーでは結束バンドを切断できません

あわせて読みたい
ハーレーのツールバッグ取り付け位置はダウンチューブの下部がオススメ バイクに乗って旅先で、トラブルに見舞われた時に『車載工具』があると安心ですよね。 自分で対処出来なくても、周りの人が車載工具を使って助けてくれたりします。(体...

工具が少なくてもハーレーの基本的な整備は賄える

今回の記事ではツインカムダイナを例に必要な工具を紹介しました。

ハーレーはモデルを跨いだ共通部品が多いのが特徴です。

なので今回紹介した工具『他の年式』『他のモデル』でもある程度適応できると考えています。

欲張って大規模なツールセットを買う必要はありません。

korotsuke

昔の自分に言ってやりたい

この記事で紹介した工具を揃えてから、カスタム・メンテナンスの必要に応じて買い足していきましょう。

今回の記事は以上になります。

最後まで読んでいただいてありがとうございました。

スポンサーリンク
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
目次
閉じる