ハーレーのエンジンオイル交換の手順【ダイナを例にやり方を解説】

スポンサーリンク

ハーレーのビッグツインモデルは『エンジンオイル』『ミッションオイル』『プライマリーオイル』それぞれ別のオイルが必要です。

ハーレーのミッションオイル交換の手順

ハーレーのプライマリーオイル交換の手順

今回手順を紹介するエンジンオイルは、この3つの中でも一番交換頻度が高い部位。

毎回バイク屋さんに依頼するとなかなかの出費です。

なので……自分でチャレンジしてみてはいかがでしょうか?

ハーレーのエンジンオイル交換はレンチ1本あれば出来ますし。

(もちろん便利な工具や設備を揃えたほうが作業はしやすいですが。)

本記事では、初めてエンジンオイル交換にチャレンジする人に向けて、『簡単』に『わかりやすい』ように順を追ってやり方を解説していきます。

この記事を読めば、迷わずハーレーのエンジンオイル交換が出来るようになりますよ。

では行ってみましょう。

この記事を書いた人
  • 所有車種:2009年式FXDB
  • 所有歴:12年
  • ブログ運営:1年
  • 整備アイデアやツーリング情報を発信
ころつけです
スポンサーリンク
目次

ハーレーのエンジンオイルの交換頻度

日本での通常使用の場合

サービスマニュアルによると初回は『800キロ』

その後は『8000キロごと』に指定されています。

ただし、これは広大なアメリカの地を走行するのを想定した数字です。

ストップ&ゴーが多い日本の環境ではエンジンオイルを『3000キロ~5000キロごと』したほうが車体に優しいと考えます。

使用環境によっては短いサイクルでエンジンオイルを交換する

交換サイクルを早めるケース

外気温が低い状態で短い距離を頻繁に走る場合は、エンジンオイルの交換時期を早めたほうが良いです。

具体的には…
  • 外気温16℃以下
  • 短い距離24km以下
korotsuke

上記2つの項目に該当する場合は2400km毎にエンジンオイル交換が推奨されています。

なぜ交換時期を早める必要があるのか

エンジンの内部では燃焼によって蒸気が発生します。

(特に寒冷期は結露によって発生しやすい)

通常30分くらい運転していればエンジンが完全に暖まり、エンジン内の水分は焼失します。

しかし、エンジンが完全に温まる前にエンジンを切ってしまうと、蒸発しきらなかった水分がエンジンオイルと混合してスラッジが形成されやすくなります。

スラッジが形成されるとエンジンの故障の原因になります。

ハーレーのエンジンオイル交換に使うもの

ラチェットなど便利な工具があれば作業が捗りますが、今回は最低限必要な物に絞って紹介していきますね。

ハーレーエンジンオイル交換に必要な工具

工具
  • 5/8レンチ(必須)
  • バイクジャッキ(あると作業が楽)

レンチはメガネタイプでは無く、片口タイプの方が使いやすいです。

筆者が所有している2009年式のツインカムダイナは、『オイルドレンが地面に対して横向き』に付いています。

年式や車種によっては、『オイルドレンが下向き』に付いていることがあります。

もし下向きの場合はレンチが入らないので、ソケットを準備しましょう。

ハーレーの整備に必要な工具【最低限これだけ買っておけば十分】

エンジンオイルに交換に必要な部材

使うもの
  • エンジンオイル(SAE 20W-50) ×3本(3クオート)
  • 廃油パック (トイレットペーパーで代用可)
  • シールテープ
  • Oリング
  • 使い捨てグローブ(あると手が汚れなくて楽)
  • 【SAE】⇒米国自動車協会の基準
  • 【〇W-〇】⇒オイルの外気温適応範囲
  • 【SAE 20W-50】⇒米国自動車協会の基準で外気温0℃~50℃の範囲が適応

ハーレー社のサービスマニュアルには【SAE 10W-40】が最適と記載されています。

とはいえ寒冷地に住んでいなければ、流通量が多くて安価な【SAE 20W-50】で充分と考えます。

古いエンジンオイルの抜き出し

エンジンの暖気

近所を15分くらい走ってエンジンを温めましょう。

エンジンが温まるとオイルの粘度が下がって、古いオイルの抜けが良くなります。

バイクを降りてすぐに作業したいところですが、エンジン周りが冷めるまで少し時間を置きましょう。

プライマリーカバーが素手で触れるくらいの温度になっていれば、安全に作業出来ますよ。

スポンサーリンク
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次