ハーレーのツールバッグ取り付け位置はダウンチューブの下部がオススメ

この記事でわかること
  • ツールバッグをダウンチューブの下部に取り付けるメリット・デメリット
  • デメリットの対策

バイクに乗って旅先でトラブルに見舞われた時に『車載工具』があると安心ですよね。

自分で対処出来なくても、周りの人が車載工具を使って助けてくれたりします。(体験談)

車載工具

しかし私が所有しているFXDBは肝心の『車載するスペース』がありません。

ハーレー社の言う『車載工具』とは名ばかりで、車載させる気が無いみたいです。

そうなると、ツールバッグは必須アイテムですよね。

タイトルにあるように『オススメの取り付け位置はダウンチューブの下部』です。

今回の記事ではダウンチューブ にツールバッグ を取り付けるメリット、デメリットと対策を紹介します。

特にデメリットと対策については、私の実体験をもとに紹介するので、最後まで読んでいただけると嬉しいです。

スポンサーリンク
目次

ダウンチューブにツールバッグ を取り付けるメリット

メリット
  • 限られた車体の積載スペースを犠牲にしなくて済む
  • 主張しない、目立たない

FXDBに限らずハーレーの車体本体は積載能力がゼロです。

フェンダーレールに取り付けてしまうと、サドルバッグを取り付けるスペースを奪ってしまう

ヘッドライトの上は主張が強くて苦手(個人の感想です)

消去法になってしまいましたが、ダウンチューブの下なら『少ない積載スペースを奪うことも無い』ので最適解なんじゃないかと考えています。

korotsuke

アンダーカウルっぽいシルエットで気に入っています

ツールバッグをダウンチューブ下に取り付けるデメリット

ダウンチューブ下部に取付けるデメリット
  • 雨に弱い
  • 痛みやすい

ダウンチューブ下部は『ツールバッグには過酷な環境』です。

korotsuke

『車体の正面』『路面から近い位置』最悪な条件が揃っていますね

かなり致命的な内容ですが、対策も紹介するので安心してください。

雨に弱い

雨の時に走り回ると『ツールバッグの中が水没』します。

korotsuke

近年ゲリラ豪雨も多いですよね。

路面の水たまりを巻き込んで、ツールバッグの隙間から侵入してきます。

帰ってくる頃には、ツールバッグの中に雨水が満タン。

しかし当時の私はツールバッグの中に水が溜まっているなど、露程も思っていなかった。

気が付いた時には中の工具がサビだらけでした。

雨の対策

雨の対策
korotsuke

よっぽど雨が降らない限り水没はしません
しかし用心に越したことは無いですよね

実際に車載工具を使うことはほとんどありません。

出し入れの手間は考慮する必要は無いと考えています。

車検証など携帯する場合でも、ジップロックは便利ですよ。

痛みやすい

ダウンチューブの下部は『罰ゲームのような環境』です。

ツールバッグの素材選びには注意しなければなりません。

特に本革は避けた方が良いです。

雨が降っていなくても路面が濡れているだけで、水しぶきがバッグにあたる環境です。

マメにメンテナンスが出来ない人は、本革製は避けるべきです。

korotsuke

何もせず放置していたら、本革のツールバッグをダメにしました

オススメのツールバッグの素材

耐久性が高い素材を使っているツールバッグをオススメします。

私は長年デグナー製の『シンセティックレザーのサドルバッグ』を使っていますが、見た目も本革っぽくて気に入っています。

korotsuke

メンテナンスフリーは有難いですね。

まとめ:ツールバッグ取り付け位置はダウンチューブ下がオススメ

ダウンチューブに取り付ける時に気を付けたいこと
  • 工具類はジップロックに入れる
  • 本革製は避ける

正直、デメリットの多さは否めません。

しかし、12年間FXDBを所有して、結局ダウンチューブの下部に落ち着きました。

見た目・合理性を鑑みてダウンチューブの下部が最適解なんじゃないかと考えています。

ツールバッグの取り付け位置に迷ったら『ダウンチューブ下への取り付け』を検討されてはいかがでしょうか?

今回の記事は以上になります。

最後まで読んでいただいてありがとうございます。

    スポンサーリンク
    よかったらシェアしてね!

    コメント

    コメントする

    目次
    閉じる