ハーレーのプラグ交換のやり方【ツインカム96ダイナを例に手順を紹介】

スポンサーリンク

ハーレーのプラグ交換は『車検の時にディーラーに頼めばいい』って思っていませんか?

それで正解です。

でもディーラーに頼むとプラグ代金に加え技術料が車検代に加算されます。

プラグ代の差額なんて1本300円程度。

作業時間も30分以下なので、技術料も2000円くらいで済んでしまうでしょう。

korotsuke

でも、この金額があればツーリングのガソリン代くらいは賄えてしまいそうですよね

そこで自分でプラグ交換にチャレンジしてはいかがでしょうか?

プラグ交換は特殊な工具もいらないので、手を出しやすい整備のひとつです。

今回の記事ではツインカム96ダイナを例にプラグ交換作業の、やり方と手順を紹介します。

この記事を読めば、初めてプラグに触る人でも簡単にプラグ交換ができます。

では行ってみましょう。

この記事を書いた人
  • 所有車種:2009年式FXDB
  • 所有歴:12年
  • ブログ運営:1年
  • 整備アイデアやツーリング情報を発信
ころつけです
スポンサーリンク
目次

ハーレーのプラグ交換の事前準備

交換頻度

頻度

8000km、もしくは2年に1回

交換頻度は乗り方によっても異なります。

3000kmと言う人もいれば、20000kmと言う人も・・・。

korotsuke

私は距離数は気にせず『車検の度に交換』していますが、不具合は発生していません

必要工具

必要道具
  • 新品プラグ (メーカ純正:6R12)
  • プラグレンチ5/8(Cタイプ)
  • スレッドコンパウンド

私は2009年式ツインカムダイナに適合するNGK社のイリジウム製プラグ【品番:DCPR7EIX】を使っています。

スポンサーリンク
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次