ハーレーの維持費は高い?【ダイナ・ストリートボブ】を12年所有した結果

この記事に書かれている内容
  • ハーレーの年間維持費
  • 発生する金額と具体的な内容

『ハーレーの維持費は高い』

ハーレーに限らず外車に、そのようなイメージを持たれている人が多いです。

私も 『ハーレーの維持費は高い』 というイメージを持っていました。

korotsuke

ところが実際に所有してみると『とんだ肩透かし』です

車体 年間維持費(ガソリン代含む)
ハーレー ダイナ・ストリートボブ(筆者所有)11万9千円
平均的な1,000ccのバイク 23万4千円
平均的な1,000ccのバイクの維持費はZURICHI保険会社のシミュレーションデータ参照

すごく安いね

とは言え上のデータはあくまで『平均』です。

高く金額が算出されていると考えられます。

なので、割安と考えるよりは『国産車と維持費は変わらない』と考えていただいた方が、現実的です。

今回の記事では、私が所有している【2009年式ダイナ・ストリートボブ】を例に実際にかかっている費用を簡単に解説していきます。

スポンサーリンク
目次

ハーレー【ダイナ・ストリートボブ】の年間維持費

各項目の詳細は次項で説明していきますが、おおまかな金額は以下のようになっています。

項目車検費用税金任意保険消耗品燃料費









計:118705(円/年)28160円6000円25320円9225円50000円
※車検費用は1年換算

同じバイクを所有していても、個人差が大きくなってくるのは【車検費用】と【消耗品類】ですね。

【税金】は固定ですし、【任意保険】【燃料費】は、同じ車格のバイクであれば、そんなに差は出ません。

では個別に費用を見てみましょう!

車検費用 :56320円(ショップ委託・自賠責等含む)

車検費用内訳金額
車検整備技術料25500円
ライン持ち込み代行手数料13800円
自賠責11520円
重量税3800円
検査印紙代1700円

どこのバイク屋さんに委託しても

赤文字で書かれた『自賠責』『重量税』『検査印紙代』計17020円 は『必ずかかる費用』です

私はお金を払って『信頼するバイク屋さん』に委託しています。

バイク屋さんに委託する理由
  • インジェクションチューニングをしている
  • 故障の予兆を察知する目利きに自信が無い

節約したい!って人は 【ユーザー車検】を利用すれば、『バイク屋さんに依頼する分がマルっと不要になる』ので17020円で済みますよ。

ある程度知識があれば【ユーザー車検】の利用を検討してはいかがでしょうか。

自動車税:6000円

排気量税額
軽二輪(125cc~250cc以下)3600円
二輪の小型自動車(250cc超)6000円

ハーレー社は250cc以下の車両は扱っていないので『二輪の小型自動車 』とやらに当てはまります。

korotsuke

【小型自動車】扱いだから【軽自動車】と高速代が同じなんですかね?

任意保険 :年間保険料 25320円 【損保ジャパン】

対人・対物賠償無制限
車両保険未加入
年齢条件26歳以上
等級19等級

バイクの保険料は地味に高い!

車両保険に入っていないにも関わらず、年間30000円近く持っていかれます。

『任意保険の加入者は5割にも満たない』のも理解できますよね。

私も加入には消極的でしたが、家庭を持つとそんなこと言ってられません。

車と違って『明らかにリスクの高い乗り物』に乗っているわけですからね。

ちなみに私は保険にお世話になった事はありません。

korotsuke

『安全運転』で行きましょう

消耗品:9225円

ハーレーを購入する前はこういった『消耗品類が高いイメージ』を持っていました。

実際のところ、国産車と大して変わりませんでした。

オイル交換費用:7160円

部位金額備考
エンジン5400円年2回実施想定(うち1回エレメント交換)
ミッション880円車検前(2年1回交換)
プライマリー880円 車検前(2年1回交換)
年間5000km走行の場合・廃油代処理代、Oリング代は考慮しない

ロードキングなどの【ツーリングモデル】、ファットボーイなどの【ソフテイルモデル】、ローライダーなどの【ダイナモデル(生産中止)】は、オイル交換部位が3か所あります。

私はオイル交換は自分でやっています。

【ミッションオイル】も【プライマリーオイル】も、もう少し距離を走ってからの交換で大丈夫です。

korotsuke

忘れっぽいので、車検の時期が来たら交換しています

↓バイク屋さんに頼んだ場合の目安↓

部位金額(オイル代含む)
エンジンオイルのみ5000円
3部位全セット10000円
出典:ネオガレージ

オイルのグレードを上げればキリがありませんが、これくらいが相場のようです。

【レッドバロン】で車両を購入したのであれば『オイルリザーブシステム』を利用するのも良いですよね。

その他の消耗品:5890円

整備内容金額頻度
ブレーキフルード車検整備技術量に含む車検時
プラグ交換2480円(イリジウム・2本分)車検前(2年1回交換)
エアクリーナエレメント3410円車検前(2年1回交換)

この辺りは『最低限やっておいた方が良い整備』です。

ブレーキフルード以外は自分でやっているので、部品代のみで済んでいます。

プラグも【イリジウム製】に拘らなければ1本400円くらいで買えます。

まだまだ節約出来そうですね。

エアクリーナエレメントは【メンテナンスキット】で延命すれば車検時に交換しなくて済みそうです。

あわせて読みたい
【コスパ抜群】K&N エアフィルターメンテナンスキットの使い方と手順を紹介
【コスパ抜群】K&N エアフィルターメンテナンスキットの使い方と手順を紹介最後に『エアフィルター』を交換したのはいつでしょうか?『吸気系』のメンテナンスはとても大事です。エアフィルターが目詰まりを起こすと、搭載されているエンジンの...

↓バイク屋さんに頼む場合は、部品代に加えて工賃がかかります。↓

地域にもよりますが、工賃の相場が『30分:2000円~4000円』くらいです。

『自分のバイクは自分で整備すべき』という考えは不要です。

自信が無いときはバイク屋さんに頼みましょう。

korotsuke

何も恥ずかしくないですよ

燃料代:50000円

年間5000kmくらいしか乗らないので、50000円くらいで収まっています。(150円/ℓ換算)

私の所有するストリートボブは、だいたい『リッター15km』くらいの燃費性能です。

それはそうと、

ハーレーは『ハイオク指定』です。

一度『レギュラー』を入れて壊しかけました。

korotsuke

お金が無いからと言って『レギュラーは入れては入れてはダメ』ですね

ハーレー【ダイナ・ストリートボブ】で他にかかる費用

以下の費用は今回の維持費

タイヤ

ハーレーのタイヤはサイズが大きいだけで、ありふれた普通のタイヤです。

私は楽天でタイヤだけ購入して、お店に持ち込んで組み込んでもらっています。

タイヤのホイールの組み込みだけであれば『バイク屋さんじゃなくても対応してくれるところも多い』です。

タイヤタイヤ本体組込み組込み&取付け
前輪(100/90B19)11000円4000円8000円
後輪(160/70B17)23000円4000円11000円
タイヤ処分量・バランス代含む

私は少しお金を出して寿命の長い【ミシュラン:コマンダーシリーズ】を履いています。

バイクの性能をしっかり引きだしてあげるためにも、サイズだけでは無く『車種に適したタイヤ』を選びましょう。

バッテリー

純正は高い!

30000円以上します。

が、『純正バッテリーに拘らなければ半額以下』

さらに『中国製の安い製品だと1/3以下』で購入出来てしまいます。

korotsuke

正直バッテリーは、素材が変わらない限り『どれを使っても大差ない』と思っています。 (個人の感想です)

ハーレーの消耗品は何で安い?

  • どのモデルも同じ構造なので共通部品が多い
  • ユーザーが多い(市場規模が大きい)
  • カスタムしやすい(リプレイス品の流通)
  • 歴史が長い(1903年創業)

このような背景を受けて、消耗品が安く手に入るわけですね。

古いハーレーが元気に走っているのも、『リプレイス品が充実しているおかげ』なのかもしれません。

korotsuke

ハーレー・ダビットソン社は『自らの中古車がライバル』となって、新車が売れないジレンマを抱えているようです。

最後に: もうハーレーの維持費を心配する必要はない

では今回の記事のまとめです。

私のハーレー・ストリートボブの年間維持費は13万円程度です。

項目車検費用税金任意保険消耗品燃料費









計:118705(円/年) 28160円6000円25320円9225円50000円
※車検費用は1年換算

『日本車と維持費は変わらない』と考えても良いと思います。

昔に比べて車体の耐久性も格段に上がったので、『高年式の車両に限っては』故障の心配はほとんど無くなりました。

あわせて読みたい
ハーレーは壊れやすい?不具合とトラブルを報告【12年所有した正直レビュー】
ハーレーは壊れやすい?不具合とトラブルを報告【12年所有した正直レビュー】『ハーレーは壊れやすい』良く耳にする話ですが、少し誇張されている部分があるんですよね。私の主観ですが、確かに『20世紀に製造されたハーレーは壊れやすい』です。...

このような背景も有り、『ハーレーは手の届きやすいバイク』になりました。

もうハーレーの維持費を心配する必要ありません。

今回の記事は以上になります。

最後まで読んでいただいてありがとうございました。

スポンサーリンク
よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる