ハーレーの維持費は高い?12年所有したストリートボブを例に税金・整備費を紹介

スポンサーリンク

『ハーレーの維持費は高い』

そんなイメージを持っていませんか?

私も自分で所有してみるまで、ハーレーの維持費は高いと思っていました。

korotsuke

ところが実際に所有してみると、そうでもありませんでした

車体 年間維持費(ガソリン代含む)
ハーレー ダイナ・ストリートボブ(筆者所有)12万9千円
平均的な1,000ccのバイク 23万4千円
平均的な1,000ccのバイクの維持費はZURICHI保険会社のシミュレーションデータ参照
korotsuke

だいぶイメージと違いますよね

とはいえ上記のデータはあくまで『平均』

高く金額が算出されていると考えられます。

なので、割安と考えるよりは『国産車と維持費は変わらない』と考えていただいた方が、現実的かと。

korotsuke

私が所有している『2009年式ダイナ・ストリートボブ』を例に、実際にかかっている維持費を解説していきます

この記事では、私がハーレーを維持するのにかかっているリアルな金額の内訳を載せています。

きっと記事を読む前よりハーレーを身近に感じられるのではないでしょうか?

では行ってみましょう。

中古のハーレー・ダイナを買うときの注意点【FXDBを例に解説】

この記事を書いた人
  • 所有車種:2009年式FXDB
  • 所有歴:12年
  • ブログ運営:1年
  • 整備アイデアやツーリング情報を発信
ころつけです
スポンサーリンク
目次

ハーレーの年間維持費【ダイナ・ストリートボブ】

おおまかな金額は以下のようになっています。

スクロールできます
トータル車検税金任意保険消耗品燃料
128705円28160円6000円25320円9225円60000円
※車検の費用は1年換算
korotsuke

では5つの項目ごとに解説していきましょう

車検費用 :56320円(ショップ委託・自賠責等含む)

車検費用内訳金額
車検整備技術料25500円
ライン持ち込み代行手数料13800円
自賠責11520円
重量税3800円
検査印紙代1700円
korotsuke

私はお金を払ってバイク屋さんに委託しています

バイク屋さんに委託する理由
  • インジェクションチューニングをしている
  • 故障の予兆を察知する目利きに自信が無い

どこのバイク屋さんに委託しても

赤文字で書かれた『自賠責・重量税・検査印紙代』の3つの費用は必ず必要です。

korotsuke

自分で持ち込むユーザー車検を利用すれば、3つの費用だけ(17020円)で済ませることができますよ

税金(軽自動車税):6000円

排気量税額
軽二輪(125cc~250cc以下)3600円
二輪の小型自動車(250cc超)6000円

軽自動車税は国産車、外車に関係なく、排気量に対して平等に課せられます。

二輪の小型自動車(250cc超)に該当するハーレーの税金は6000円です。

korotsuke

400ccと1584cc(TC96)の税金が同額なのは平等では無い気が……

任意保険 :25320円

保険会社:損保ジャパン補償内容・条件
対人・対物賠償無制限
人身傷害3000万円
車両保険未加入
年齢条件26歳以上
等級19等級

車両保険に入っていないにも関わらず、年間30000円近く持っていかれます。

(補償を手厚くしているのも要因ですが)

korotsuke

任意保険に入っていなかった知人が側道の歩行者と接触事故を起こして大変なことになりました

加害者側になった時のリスクを鑑みると、任意保険は加入しておいて損は無いと考えます。

\最短 3分で見積もり /

消耗品:9225円

ハーレーを購入する前はこういった『消耗品類が高いイメージ』を持っていました。

korotsuke

実は国産車と大して変わりません

オイル交換費用

部位金額備考
エンジン5400円年2回実施想定(うち1回エレメント交換)
ミッション880円車検前(2年1回交換)
プライマリー880円 車検前(2年1回交換)
年間5000km走行の場合・廃油代処理代、Oリング代は考慮しない

ロードキングなどの【ツーリングモデル】、ファットボーイなどの【ソフテイルモデル】、ローライダーなどの【ダイナモデル(生産中止)】は、オイル交換部位が3か所あります。

私はオイル交換を自分でやっているので、維持費を抑えられている側面もあります。

ハーレーのオイル交換手順【ダイナストリートボブを例に頻度・使用量・やり方を紹介】

korotsuke

とはいえバイク屋さんに頼んでも『ハーレーだから高い』ということはありません

バイク屋さんに頼んだ場合の目安

部位金額(オイル代含む)
エンジンオイルのみ5000円
3部位全セット10000円
参考:ネオガレージ

オイルのグレードを上げればキリがありませんが、これくらいが相場です。

korotsuke

ハーレーに限ったことではありませんが、ディーラーに持ち込んだらそれなりの金額になってしまいます

その他の消耗品:5890円

整備内容金額頻度
ブレーキフルード車検整備技術量に含む車検時
プラグ交換2480円(イリジウム・2本分)車検前(2年1回交換)
エアクリーナーエレメント3410円車検前(2年1回交換)

上記の3項目は、車検の度にやっておいた方が良い整備です。

プラグ交換とエアクリーナーエレメントの交換は、特別な工具が無くても出来るので手の出しやすい整備です。

ハーレーのプラグ交換のやり方

エアクリーナメンテナンスキットの使い方

燃料代:60000円

私の所有するストリートボブは燃費はおおよそ15km/Lです。

年間5000kmくらいしか乗らないので、60000円くらいで収まっています。

※180円/ℓ換算

korotsuke

エンジンの大きさの割には燃費が良いですよね

ハーレーの中期的な消耗品費用

今回紹介した維持費のほかに、中期的に発生する消耗品費用を紹介します。

代表的なものは以下の3つです。

  • タイヤ
  • バッテリー
  • ブレーキパット
korotsuke

では、どのくらい費用かかるか紹介します

ハーレーのタイヤは高くない

ハーレーは専用の特殊なタイヤを使っている?

そんなことはありません。

ハーレーのタイヤはサイズが大きいだけで、一般的なクルーザー用のタイヤを履かせます。

タイヤタイヤ本体組込み組込み&取付け
前輪(100/90B19)11000円4000円8000円
後輪(160/70B17)23000円4000円11000円
タイヤ処分量・バランス代含む

私は少しお金を出して寿命の長い【ミシュラン:コマンダーシリーズ】を履いています。

korotsuke

クルーザーモデルのタイヤの寿命が長めなので5年くらいもちますよ

バッテリー

ハーレーの純正品は高いです。

私は激安の社外品のバッテリーを使っていますが、これといった不具合はありません。

korotsuke

純正品だから長寿命なのかと思っていましたが、社外品と大差ありませんでした

ハーレーのバッテリーは純正じゃなきゃダメ?社外品と比較してみた結果

korotsuke

バッテリーに限らず、純正にこだわらなければ安く維持できますよ

ハーレーのブレーキパットの交換頻度は低い

12年間所有していますが、ブレーキパットを交換したのは1度だけ。

korotsuke

そうは言っても35000kmくらいしか走行していません

乗り方で変わってくると思いますが、車に比べるとブレーキパットの減りは緩やかな印象です。

ハーレーの維持費は国産車と変わらない

では今回の記事のまとめです。

私の所有するダイナ・ストリートボブの年間維持費は13万円程度です。

スクロールできます
トータル車検税金任意保険消耗品燃料
128705円28160円6000円25320円9225円60000円
※車検の費用は1年換算

この記事で述べたようにハーレーの維持費は国産車と変わらない』と考えても良いと思います。

ただし、昔の車両に比べて製造精度が上がっている『高年式の車両』に限ります。

具体的には『ツインカム96』以降の車両がオススメです。

機械物なので絶対はありませんが、故障のリスクを出来るだけ避けるに越したことはありません。

私はツインカムダイナを所有して12年になります。

今まで小さなトラブルはありましたが、走行不能になるようなトラブルは発生していません。

ハーレーは壊れやすい?12年間所有している管理人は【故障が多いのは過去の話】と考える

このような背景もあり、昔に比べてハーレーは『手の届きやすいバイク』になりました。

乗りたいバイクに迷っているのであれば、ハーレーを選択肢のひとつに入れてみてはいかがでしょうか?

今回の記事は以上になります。

最後まで読んでいただいてありがとうございました。

あわせて読みたい
中古のハーレー・ダイナを買うときの注意点【12年間所有しているストリートボブを例に解説】 ハーレーのダイナモデルは、2017年を最後に生産終了となってしまいました。 どうしてもダイナモデルが欲しい場合は中古車を探すしかありません。 しかし中古のハーレー...
スポンサーリンク
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
目次
閉じる