中古のハーレー・ダイナを買うときの注意点【12年間所有しているストリートボブを例に解説】

スポンサーリンク

ハーレーのダイナモデルは、2017年を最後に生産終了となってしまいました。

どうしてもダイナモデルが欲しい場合は中古車を探すしかありません。

しかし中古のハーレーダビットソン。故障やトラブルの話を耳にしたことがありますよね?

本記事では筆者の所有するダイナ・ストリートボブを例に、中古のダイナを購入する時に『チェックすべきところ』を解説していきます。

紹介するチェックポイントを押さえておけば、故障やトラブルを抱えるダイナを購入するリスクを減らせます。

では行ってみましょう。

この記事を書いた人
  • 所有車種:2009年式FXDB
  • 所有歴:12年
  • ブログ運営:1年
  • 整備アイデアやツーリング情報を発信
ころつけです
スポンサーリンク
目次

中古のハーレー・ダイナにはツインカム96モデルがオススメ

オススメはツインカム96エンジンを搭載したモデルです。

やはり外れを引くリスクを避けるには、一番新しいエンジンを選ぶのが間違いないです。

エボリューション

エボリューション 出典:GUTS CHROME

エボリューションはショベルヘッドの時代に比べ、飛躍的に信頼性が高まったエンジンです。

とはいえ最終型でも、今から20年以上前に製造されています。

つまり20世紀のエンジン。

古い車両なので、ゴム類や電気系統などは交換が必要になってきます。

どうしても整備が必要になってくるので、初めてハーレーを購入する人にはオススメしません。

それに加え近年は手を加えられていない状態の良いエボリューション・ダイナを探すのが困難になりつつあります。

最近は明らかに状態の悪い車両でも高値で売られていますよね。

ツインカム88

ツインカム88 出典:ガッツクローム

ツインカム88は最後のキャブレター仕様の車両に搭載されているエンジンです。

 出典:ON THE ROAD MAGAZINE

サンズオブアナーキーでジャックスが乗っているFXDXもツインカム88です。

ツインカム88はエボリューションに比べ個体差も少なく、国産車に近い基準で選べると思います。

比較的流通数も多く、価格もエボリューションに比べて手頃なのも嬉しいところですよね。

ひとつ注意があると言えば巷で時限爆弾と言われている『カムチェーンテンショナーの破損』

出典:ネオガレージ

乗り方で変わってくるので、一概に『~kmくらいで壊れる』とは言えません。

しかし、いずれ『その時』はやってきます。

ツインカム88に乗っている限り逃れられない問題なので、購入時は頭に入れておいた方が良いと思います。

korotsuke

壊れる前にギアカム化するのがトレンドです。

ツインカム96

ツインカム96 出典:GUTS CHROME

ツインカム96エンジンは、すべてインジェクション仕様です。

キャブレーターモデルが欲しい人は悩みどころですよね。

とはいえ、外れを引くリスクを避けるには『1番新しいエンジン』を選ぶのが間違いない。

エンジンの基本構造はツインカム88と同じです。

さらにツインカム96はツインカム88で発生した不具合をフィードバック製造されています。

このことからツインカム96は信頼性の高いエンジンと考えられます。

カムチェーンテンショナーの破損の不具合も対策済みですよ。

あわせて読みたい
ハーレーは壊れる?12年間所有している管理人は【故障が多いのは過去の話】と考える 『ハーレーは壊れる』 良く耳にする話ですが、少し誇張されている部分があります。 たしかに20世紀に製造されたハーレーは壊れやすい。 しかし、21世紀に入って製造され...

中古のハーレー・ダイナを購入する時の注意点

2009年式ストリートボブ

正直に言ってしまうと、実際に運転してみるのが一番手っ取り早いです。

ギアの入り方やサスの沈み方など、実際に運転してみないとわからない部分もありますからね。

とはいえ試乗させてくれるバイク屋さんは少ない……

というわけで展示されている中古ダイナのどこをチェックするべきか解説します。

マフラー(サイレンサー)

社外品が取付けられている場合は、ほぼ車検不適合と考えて良い。

【Harley-Davidson】と刻印されていても【Screamin Eagle】(ハーレーのレース部門)の物である可能性があります。

ハーレー社が販売していても【Screamin Eagle】は公道を走る基準を満たしていないので車検をパスできません。

写真のようにサイレンサーの裏側に『公道で使っちゃダメよ』と刻印されているので識別できます。

純正品を探す手間を考えると、最初から純正品が取付けられている車両を購入した方が楽ですよ。

フロントフォークの錆

ダイナモデルに限らず、ハーレーはサイドスタンドを使って停車するので車体が左側に傾きます。

  • フォークの左側のカバーに水が溜まる
  • 錆が発生
  • フォークシールが傷つく
  • フォークオイル漏れが発生
korotsuke

屋外保管の車両に多いですね。

オイル漏れ

ハーレーに限らずパッキン類は経年で劣化するので、オイル漏れは長期的には避けられないトラブルです。

だからと言って、最初からオイル漏れしている車両は選びたくないですよね。

エンジン周りはもちろんのこと、シフトレバーの付け根を確認しましょう。

ダイナモデルは一部車両を除き、ミッドコントロール。

ミッドコントロールの車両はシフトレバーの付け根からオイル漏れを起きる傾向があります。

筆者のダイナは2009年式ですが、今のところ大丈夫です。

ベルト

ハーレーのダイナモデルはベルトドライブを採用しています。

ベルトドライブは、ほぼメンテナンスフリーなのが有難いですね。

純正のベルトは10万kmまで耐えられる仕様。

そうは言っても、古くなって劣化したベルトは異物を巻き込むと切れやすくなっています。

目視で劣化が無いか確認しましょう。

予防整備として購入時に交換してしまうのも有りですよ。

ブレーキ周り

ブレーキパットは消耗品なので、交換してしまえば終わり。

しかし、ローター(ディスク)はそうはいかない。

交換にコストがかかるだけでなく、制動性に大きな影響を及ぼします。

korotsuke

ディスクに不自然な擦り傷が無いか確認しましょう。

タンクの周り

タンクの下部から伸びる左右の連結管は、保管状態によっては劣化しています。

筆者の車両も屋外に保管していた時期があり、連結管が錆びてしまいました。

錆を放置すると、腐食して穴が空いてガソリンが漏れてしまいます。

korotsuke

タンクのつなぎ目をチェックしましょう。

ハーレーの中古車はどこで買うべきか?

信頼できるお店で買いたい

いろいろ注意点を挙げてみましたが、最後はバイク屋さんのモラルにかかっていると思います。

「点検・整備時は何にも不具合は無かった」と言われればそれまで。

残念ながら、事前にバイク屋さんの評判を調べるくらいしか対策のしようがありません。

売って終わりのバイク屋さんは避けたいですね。

筆者のダイナはどこで購入したか?

筆者はハーレーのディーラーの試乗車を1年落ちで購入しました。

korotsuke

中古相場と比較して高かったです。

それでも筆者は『安心料だと思えば、多少高くても仕方が無い』と考えディーラーで購入。

ディーラーで購入した理由
  • 1年間の整備保証が付いていた
  • 試乗車だったら整備が行き届いていると考えた

購入して10年以上になりますが、大きなトラブルはありません。

あわせて読みたい
ハーレーを所有して遭ったトラブルを紹介【ツインカム96ダイナの場合】 『ハーレーはトラブル多いから気をつけろ』 よく耳にする話ですが本当でしょうか? 筆者はダイナ・ストリートボブを購入して12年が経ちましたが、今のところ大きなトラ...

ダイナモデルの中古車価格は上昇傾向

中古のダイナモデルを選ぶポイント
  • エンジンはツインカム96がオススメ
  • 車検対応(純正)マフラーが付いているか?
  • フォークオイルの漏れは無いか?
  • オイル滲みは無いか?
  • ベルトに切れ・劣化は無いか?
  • ローター(ディスク) に不自然な傷は無いか?
  • バイク屋さんの評判はどうか?

ハーレーのダイナモデルは2017年を最後に生産終了となっています。

今後は中古車両の価格の上昇が予想されます。

手の届く金額で購入出来る今がチャンスではないでしょうか?

今はまだ流通数も多く、低走行の状態の良い車両を選びやすい市場環境と言えます。

中古のダイナモデルを購入する時は、本記事のチェックポイントを抑えれば状態の良い車両を選ぶことが出来ます。

加えてダイナはビックツインの中でもメンテナンス性に秀でたモデル。

しっかりメンテナンスをすれば長く乗ることが出来ますよ。

今回の記事は以上になります。

最後まで読んでいただいてありがとうございました。

あわせて読みたい
ハーレーをレッドバロンで持ち込み買取査定してもらった話 ネットで調べるとレッドバロンってメチャクチャ評判悪くありませんか? なかなか辛辣な言葉が並んでいますよね。 でも筆者はレッドバロンに悪い印象を持っていません。 ...
あわせて読みたい
ハーレーの維持費は高い?12年所有したストリートボブを例に税金・整備費を紹介 『ハーレーの維持費は高い』 そんなイメージを持っていませんか? 筆者も実際に所有するまで、ハーレーの維持費は高いと思っていました。 ところが実際に所有してみると...
あわせて読みたい
ハーレーは盗まれやすい?【12年間バイクを守ってきた盗難対策】 ハーレーの盗難対策はしっかりやられていますか? え?盗難保険に入っているから大丈夫? 盗まれた時の心配をしてどうする? まずは盗難対策に注力すべきだ。 偉そうに...
スポンサーリンク
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次