ハーレーのオイルフィルター交換の手順【ダイナを例にやり方を解説】

スポンサーリンク

ハーレーのオイルフィルターの交換は、オイル交換2回に1回の割合で交換します。

この記事ではオイル交換のやり方を端折って、オイルフィルターの交換に特化して説明していきます。

エンジンオイルの交換は下記のハーレーのエンジンオイル交換の手順【ダイナを例にやり方を解説】の記事で詳しく紹介しています。

では行ってみましょう。

あわせて読みたい
ハーレーのエンジンオイル交換の手順【ダイナを例にやり方を解説】 ハーレーのビッグツインモデルは『エンジンオイル』『ミッションオイル』『プライマリーオイル』それぞれ別のオイルが必要です。 ハーレーのミッションオイル交換の手順...
スポンサーリンク
タップできる目次

ハーレーのオイルフィルター交換に使う道具

オイルフィルター交換作業で必要な道具

  • オイルフィルター
  • オイルフィルターレンチ
  • エクステンションバー(150mm以上)
  • ラチェットハンドル(差し込み角9.5)

オイルフィルター

ツインカムエンジンを搭載しているハーレーは、モデルに関係なく共通のオイルフィルターを使います。

オイルフィルターレンチ

オイルフィルターの取り付け位置は奥まったところにあります。

korotsuke

フィルターレンチにエクステンションバーを取り付けて使います。

オイルフィルター交換作業であったほうが良い道具

  • 牛乳パック
  • 段ボール
  • ペーパーウエス

上記のアイテムはオイル汚れ対策に用います。

korotsuke

あったほうが良いと書きましたが、バイクの周りを汚さないためには必ず準備しておいたほうが良いアイテムです。

ハーレーのフィルター交換の手順

  1. 車体からオイルを抜き出す
  2. オイルフィルター外し
  3. フィルター取付け
  4. 新しいオイルを補充

フィルター交換はオイル交換と一緒に行います。

korotsuke

オイルを抜いてからじゃないとフィルター外した途端に大流出です。

オイル抜き出し

まずは車体のオイルを抜き出します。

オイルを抜き出し終わったら、

オイルフィルターを取り付ける前にドレンボルトを取り付けておきましょう。

korotsuke

新しいフィルターにオイルを入れた状態で取り付けるので、ドレンを開けっ放しにするとオイルが抜けてしまいます。

取り外し前の準備

サイドスタンドで車体を支える

オイルを抜き出すときは車体を真っ直ぐに立てますが、オイルフィルターの取り外しはサイドスタンドを立てて行います。

ジャッキアップして車体が不安定な状態で力をかけると倒れます。

korotsuke

ハンドルを右方向に切っておくとスペースが出来て作業しやすいですよ。

牛乳パックを使って樋(とい)を作る

フィルターを外した時に流れ出るオイルを受けるために準備します。

korotsuke

専用の治具が売っていますが、牛乳パックで十分です。

オイル流出対策をする

どんなに完璧に牛乳パックで樋(とい)を作っても、多少オイルが滴り落ちます。

バイクの下に段ボールを敷いておくと掃除が楽です。

それと、ダウンチューブにツールバッグを取り付けている場合は外しておきましょう。

korotsuke

バッグだけじゃなく中の工具までオイルまみれになります。

あわせて読みたい
ハーレーのツールバッグ取り付け位置はダウンチューブの下部がオススメ バイクに乗ってツーリング先で、トラブルに見舞われた時に車載工具があると安心ですよね。 自分で対処出来なくても、周りの人が車載工具を使って助けてくれたりします。...

オイルフィルターを取り外す

牛乳パックを使って樋(とい)をフィルターの下にセットします。

korotsuke

廃オイルパックはオイル交換に使ったものを使いまわします。

フィルターレンチを使ってオイルフィルターを手で回せるくらいまで緩めます。

korotsuke

硬くて外れないときは、力をかけ続けるよりもラチェットの持ち手をゴムハンマーで叩くと外れやすいですよ。

あとは手で外していきます。

手にオイルがつくので使い捨てのビニール手袋を使いましょう。

おそらく初めてチャレンジした人は、こんな感じでオイルが流失していると思います。

こういうものだと思って諦めています。

korotsuke

オイルフィルター取付口、ダウンチューブ周辺、床をきれいに掃除しましょう。

オイルフィルターの取付け準備

フィルターの内部にオイルを1/3くらい入れる

オイルを入れる理由
  • エンジンをかけたときにフィルターにオイルが流れ込む分、一時的に空運転になる。
  • フィルターにオイルを入れておくことで緩和させる。
korotsuke

これを怠るとエンジンを痛めます。

Oリングにオイルを塗る

オイルを塗る理由
  • 装着時にゴムパッキンがよれたり、ねじれたりするのを予防する
  • 取り付け・取り外し時に回しやすくするため
  • シール性の向上
korotsuke

これを怠るとオイルが漏れます。

オイルフィルターの取り付け

フィルターの中のオイルを零さないように慎重に取り付けていきます。

失敗すると掃除のやり直しです。

オイルフィルターは手で力強く締めて完了です。

と言いたいところですが、私はフィルターレンチで軽く増し締めします。

korotsuke

『狭い空間で力強く締めるのは無理がある』というのが理由です。

指二本での締め付けなんてたかかが知れている。

そうは言っても本当に軽く締め付けるくらいです。

korotsuke

パッキンが付いているから多少融通が利くはず……

新しいオイルの投入と漏れ確認

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: image-33-10.jpg

オイルフィルターを交換したら新しいエンジンオイルを投入して、フィルターの取り付け部分から漏れが無いか確認しましょう。

なおオイルフィルター交換時は、

エンジンをかけて新しいオイルを循環させたときに、フィルターの空間分オイルが減ります。

循環前
循環後
korotsuke

いつもよりオイルの追加量が増えると考えてください。

フィルター交換の有無オイル使用量(946ml/本)
フィルター交換無し約2本
フィルター交換有り約2.5本

あとはディップスティックの規定範囲に収まるようにオイルを追加して完了となります。

ハーレーのオイルフィルター交換のまとめ

手順
  1. 古いオイルの抜き出し(ドレンボルトは締める)
  2. フィルターの取り外し(サイドスタンドをかけて行う)
  3. フィルターの取り付け (フィルターに事前処理を施す)
  4. 新しいオイルを投入(循環後オイルを追加)

フィルター交換自体はそれほど難しい作業ではありません。

私は不器用なので何回やっても汚します。

ある程度の距離数を乗っていれば年間2回程度、交換機会が訪れるのでオイルフィルターの交換のやり方は覚えておいて損は無いと思います。

今回の記事は以上になります。

最後まで読んでいただいてありがとうございました。

今回の記事内容はあくまで素人の作業手順の紹介となります。そのため、あらゆる人が作業を成功させるのを保証するものではありません。よって当ブログ管理人は作業の結果の安全性を一切保証出来ません。作業により物的損害や障害、死亡の可能性があります。この作業上において発生した物的損害や障害、死亡については当ブログ管理人では一切の責任を負いかねます。すべての作業におけるリスクは、作業を行うご本人に負っていただくことになりますので、充分にご注意ください。

あわせて読みたい
ハーレーのオイル交換手順【ダイナストリートボブを例に頻度・使用量・やり方を紹介】 ハーレーのビッグツインモデルのオイルは3種類あります。 エンジンオイルミッションオイルプライマリーオイル それぞれオイルの種類、頻度、交換のやり方もバラバラです...
スポンサーリンク
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

タップできる目次