ハーレー以外のオススメの大型アメリカンバイク一覧

当ページのリンクには広告が含まれています。
スポンサーリンク

大型のアメリカンバイクと聞くと、イメージするのはハーレーではないでしょうか?

たしかに世界中で人気があって、世界中で売れている人気メーカーです。

もちろん日本も例外では無く、海外バイクメーカーの中では長い間販売台数1位に君臨しています。

でも、『みんな揃ってハーレーじゃつまらない』と考えている、そこのあなた。

知られていないだけで、ハーレー以外にも、たくさんのカッコいいアメリカンバイクがあります。

そこで本記事では、国産メーカーだけでなく海外メーカーも含めハーレー以外のカッコいい大型アメリカンバイクを紹介します。

(なお、筆者はストリートボブを所有していますが、ハーレー至上主義的な人は嫌いです。)

では行ってみましょう。

この記事を書いた人
  • 所有車種:2009年式FXDB
  • 所有歴:14年
  • 整備アイデアやツーリング情報を発信
ころつけです
スポンサーリンク
タップできる目次

国内メーカーのオススメ大型アメリカンバイク

GL1500C【ワルキューレ】

スペック

メーカー本田技研工業【HONDA】
排気量1,520cc
エンジン水冷水平対向6気筒
全長×全幅×全高2555mm×980mm ×1460mm
車両重量359kg
製造年1997年~2015年(派生モデル含む)
中古相場110万円~160万円
情報引用:本田技研工業

概要

ワルキューレと言えば、バイクには珍しい6気筒エンジンから生み出される圧倒的パワー。

そのたたずまいはハーレーにも負けない圧倒的な存在感を誇ります。

そしてワルキューレの面白いところは、年式によって外観が全然違うところ。

スクロールできます
初代二代目三代目
ワルキューレワルキューレ ルーンゴールドウィング ワルキューレ
1996年~2003年2006年~2016年2014年~2016年
出典:本田技研工業

共通するのは、どの年式も車体重量が350kgを超えるので、取り回しが大変なところです。

とはいえ、これだけ大きな車体でも走行性能は、さすがホンダ車と言った感じの安定感です。

VT1300CX【フューリー】

スペック

メーカー本田技研工業【HONDA】
排気量1,312cc
エンジン水冷V型2気筒
全長×全幅×全高2575mm×900mm ×1150mm
車両重量313kg
製造年2010年~2014年(海外モデルは販売継続中)
中古相場95万円~120万円

概要

ロングフォークが特徴的なカスタムが施されたような車体です。

なんと、これで純正なんです。

VT1300CXが発売された当時は、このようなハイテクカスタムが流行っていました。

ホンダ VT1300CX
ハーレー ロッカーC

VT1300CXのスゴいところは、こんな尖ったデザインなのに走行性能を犠牲にしていないところです。

さすがホンダ車です。

VT750S

スペック

メーカー本田技研工業【HONDA】
排気量745cc
エンジン水冷V型2気筒
全長×全幅×全高2295mm×870mm ×1135mm
車両重量232kg
製造年2010年~2015年
中古相場55万円~80万円

概要

発売当初から既視感のあるスタイル……

VT750S
スポーツスター

めちゃくちゃスポーツスターっぽいですよね。

そんな理由でスポーツスターのパクリと揶揄されてしまった、ホンダのVT750S……

とはいえ、安定した走行性能に加え、本家スポーツスターより優れた燃費(30km/L以上)でデザインを優先した少ないタンク容量でも300km近く走行できます。

BOLTとスポーツスター(アイアン)で比較される方も多いと思いますが、VT750Sも選択肢に入れてみてはいかがでしょうか?

性能もオーナーさんの評判も良いのに、不遇な扱いを受けているバイクですよね。

シャドウ ファントム

スペック

メーカー本田技研工業【HONDA】
排気量745cc
エンジン水冷V型2気筒
全長×全幅×全高2405mm×825mm ×1090mm
車両重量250kg
製造年2010年~2016年
中古相場55万円~80万円

概要

国産のアメリカンのパイオニアとして人気を博したスティードの後継車種として開発されたのがシャドウです。

どちらかと言うとFX系のチョッパースタイルなスティードとは対照的に、シャドウはFL系のクルーザースタイルのバイクです。

FL系FX系
太いタイヤを装備したファットなスタイル細く大径のタイヤを装備した細身のスタイル
出典:ハーレーダビッドソンジャパン株式会社

この車格なのに重量が250kgで、さらに足付きが良いのは乗り手を選びませんよね。

レブル1100

出典:本田技研工業

スペック

メーカー本田技研工業【HONDA】
排気量1,082cc
エンジン水冷直列2気筒
全長×全幅×全高2240mm×850mm ×1115mm
車両重量223kg
製造年2021年~
販売価格1,138,500円~

概要

クルーザーというバイクの性格上、どうしてもアメリカンはモデルはハーレーに寄ってしまいます。

そんな中、レブルは異端な存在……

エンジンは姿形が全く異なるアフリカツイン(CRF1100L)と共有。

V型エンジンを採用しない点も含め、レブルは完全にハーレーと決別したアメリカンバイクと言えます。

ハーレーと違ったスタイルを求める人には最適なバイクだと思います。

何より新車販売価格やガソリン価格の高騰が続く中、

  • リーズナブルな価格(1,138,500円〜)
  • 優れた燃費性能(31.5km/L)

もっともコストパフォーマンスに優れた大型アメリカンバイクと考えます。

なお兄弟車の250ccモデルはタイ製ですが、1100ccモデルは日本の熊本工場で生産されています。

あわせて読みたい
タイのバイクメーカーの一覧と特徴【アジアの人気バイクメーカーを紹介】 タイはバイク保有世帯率が80%を越えるバイク王国です。(日本は20%前後) 日本の半分くらいの人口にもかかわらず、バイクの販売台数は日本の約5倍となっています。 202...

XV1900CU【レイダー】

出典:Yamaha Motor Co

スペック

メーカーヤマハ発動機【YAMAHA】
排気量1,854 cc
エンジン空冷V型2気筒
全長×全幅×全高2570 mm × 925 mm × 1165 mm
車両重量314kg
製造年2006年~2017年(派生モデル含む)
中古相場140万円~200万円

概要

デザインのヤマハと呼ばれるだけあって、XV1900CU(レイダー)は本当に芸術的なデザインのバイクだと思います。

2006年にリリースされたと思えない先進的デザイン。そして暴力的な排気量のギャップが良いですよね。

コンセプト的にはブレイクアウトに近いかもしれません。

ブレイクアウト
レイダー

「ブレイクアウトのデザインは好きだけど、ハーレーは避けたい」そんな方にオススメです。

XV950【BOLT】

出典:Yamaha Motor Co

スペック

メーカーヤマハ発動機【YAMAHA】
排気量941 cc
エンジン空冷V型2気筒
全長×全幅×全高2290mm × 830mm × 1120mm
車両重量314kg
製造年2013年~2021年(派生モデル含む)
中古相場55万円~120万円

概要

どこかの雑誌でヤマハの開発者が「スポーツスターを意識してデザインしたわけではない。」と仰っていましたが、そんなワケない……

めちゃくちゃ意識しているように見えますよね。

スポーツスター アイアン
BOLT

真偽は定かでないはありませんが、BOLTはスポーツスターに対して真似では無く勝ちにいったデザインだと思います。

コンパクトにまとまったボバースタイルは、スポーツスターに負けないくらいカッコいい。

いっぽうでBOLTは無駄な装飾が無くカスタムベースとしても最適に見えますが、アフターパーツの少なさが難点。

SRやドラッグスターのように息の長いモデルだったら、もっとカスタムの自由度があっただけに残念です。

ドラッグスター1100

スペック

メーカーヤマハ発動機【YAMAHA】
排気量1,063 cc
エンジン空冷V型2気筒
全長×全幅×全高2405 mm × 895 mm × 1095 mm
車両重量278kg
製造年1999年~2008年
中古相場50万円~80万円

概要

ドラッグスターシリーズ最高峰の1100ccモデルです。

400ccモデルが定番のドラッグスターですが、あの車格に400ccのエンジンでは力不足感が否めないのも事実でした。

排ガス規制を受けて2008年モデルで生産中止に追い込まれてしまい、決して新しいモデルではありません。

しかし、比較的中古車が安く手に入りやすく、アフターパーツが多いのでカスタムベースとしてもオススメできる1台です。

スクロールできます
ドラッグスター1100ドラッグスター250
外観
モデル名三角フレーム四角フレーム
年式モノショックツインショック

蛇足ですが、400ccを筆頭に数あるドラッグスターシリーズで、250ccだけがサスペンションが2本ついたツインショックを採用しています。

人気のドラッグスターシリーズでしたが、空冷を採用していた影響で、排ガス規制の対応が難しく生産中止に追い込まれてしまいました。

バルカン1500ドリフター

出典:Kawasaki Motors Europe NV

スペック

メーカー川崎重工【KAWASAKI】
排気量1,470 cc
エンジン水冷V型2気筒
全長×全幅×全高2480 mm × 875 mm × 1130 mm
車両重量347kg
製造年2006年~2016年(日本向けモデルは1999年のみ)
中古相場80万円~100万円

概要

純正でエスカルゴフェンダーが搭載された珍しいモデルです。

日本のメーカーではバルカンドリフターだけに搭載されています。

そして現行のハーレーにも、ここまで深いエスカルゴフェンダーを搭載したモデルはありません。

スクロールできます
カワサキハーレー
外観
モデル名バルカンドリフターロードキングスペシャル
年式2006年~2016年2024年
引用:ハーレーダビッドソンジャパン株式会社

残念ながらバルカンドリフターは車体の数自体が少ないので、見つけられたらラッキーですね。

バルカンS

出典:KMC
メーカー川崎重工【KAWASAKI】
排気量649 cc
エンジン水冷並列2気筒
全長×全幅×全高2310 mm × 855 mm × 1090 mm
車両重量229kg
製造年2015年~2022年(海外モデルは販売継続中)
中古相場65万円~100万円

排気量649ccの水冷並列2気筒エンジンを搭載する「バルカンS」は、日本での販売が終了した水冷V型2気筒を搭載したバルカンシリーズと全く別のバイクです。

スクロールできます
バルカンバルカンS
外観

驚きなのは搭載されているエンジンが全く毛色が違うNinja650と共通な点。

Ninja650 出典:Kawasaki Motors Corporation

スタイルもそうですが、心臓部がニンジャと同じこともあり、スポーツ性が高い一風変わったアメリカンと言えます。

個人的にはバルカンと名付けないほうが良かったのではと思っています。

ブルバードM109R

引用:Suzuki Motor Corporation
メーカースズキ【SUZUKI】
排気量1,783 cc
エンジン水冷並列2気筒
全長×全幅×全高2310 mm × 855 mm × 1090 mm
車両重量229kg
製造年2015年~2022年(海外モデルは販売継続中)
中古相場115万円~250万円

同じアメリカンタイプでもロングストロークエンジンのハーレー(ビッグツイン)に対して、スズキのブルバードM109Rは真逆の思想のバイクです。

量産車最大径のピストンを使用し、ショートストローク高回転化した超高出力エンジンを搭載しています。

ショートストロークエンジンの特性
  • 高回転までスムーズに吹けあがる
  • パワーがあり強い加速感を得られる

ジャンル的にはハーレーのVロッドシリーズと同様にストリートドラッガーの位置づけです。

スクロールできます
スズキハーレー
外観
モデル名ブルバードM109RV-ROD
※V-RODシリーズは2017年モデルで生産終了

大排気量のエンジンを搭載してゆったり走るモデルが多い中、ブルバードM109Rは異端児とも呼べます。

友人のバイクを試乗させてもらいましたが、アクセルを捻ると一気に体が引っ張られ感覚が刺激的で本当に面白いバイクでした。

違いを求める人に是非オススメしたいバイクです。

海外メーカーのオススメ大型アメリカンバイク

スプリングフィールド【SPRINGFIELD】

引用:インディアンモーターサイクル
メーカーインディアン【Indian Motorcycle】
排気量1,890 cc
エンジン空冷V型2気筒
全長×全幅×全高2583 mm × 1080 mm × 1439 mm
車両重量376kg
製造年2016年~
販売価格3,980,000円~

インディアンは1901年に設立されたアメリカ最古のモーターサイクル・メーカーです。

クラシカルなデザインなのに最新のテクノロジーを搭載。そしてそのパーツのほとんどが職人の手によって組み立てられる高級バイクメーカーです。

インディアンのスプリングフィールドと比較されるのが、ハーレーのFLモデルです。

スクロールできます
スプリングフィールドハイドラグライド
外観
メーカーインディアンハーレーダビッドソン
排気量1,890cc1,868cc
販売価格¥3,980,000円~¥ 3,671,800~
引用:ハーレーダビッドソンジャパン株式会社

どちらも、クラシカルな外観ですが、中身には最新のテクノロジーが搭載されています。

安心してロングツーリングが楽しめますね。

スカウト【SCOUT】

メーカーインディアン【Indian Motorcycle】
排気量1,133 cc
エンジン水冷V型2気筒
全長×全幅×全高2270 mm × 860 mm × 1045 mm
車両重量252kg
製造年2017年~
販売価格2,308,000円~

インディアンで随一の人気を誇るモデルがスカウトです。

スカウトの面白いのが、派生モデルのキャラクターが立っているところ。

そしてそのどれもがカッコいいところです。

スクロールできます
SCOUTSCOUT BOBBERSCOUT ROGUE
出典:Indian Motorcycle International

ひとつの車種をベースに多数の車種を販売する戦略はハーレーに近いですよね。

Xディアベル

出典:Ducati Motor Holding S.p.A
メーカードゥカティ【Ducati】
排気量1,262 cc
エンジン水冷L型2気筒
全長×全幅×全高2310 mm × 1010 mm × 1133 mm
車両重量249kg
製造年2016年~
販売価格2,481,000円~

MotoGPで絶好調のドゥカティはレーサーレプリカのイメージが強いですが、こんな「らしくない」モデルもあります。

このスタイルでも片持ちスイングアームを採用するあたりが「らしさ」でもありますが。

通常のディアベルは、どちらかとネイキッド。

いっぽうXディアベルは完全にクルーザーです。

ディアベル
Xディアベル

通常のディアベルとの具体的な違いは以下の5つです。

通常のディアベルとの違い
  • フロントフォークが寝かせられている
  • シート高が下がっている
  • ベルトドライブが採用されている
  • 低~中回転域で最大パワーが出るような設計
  • ステップの位置がミッドコン

足つきも良く、ステップの位置も極端に前方では無いので、身長の低い人でも無理なく乗れると思います。

ROCKET 3 R

出典:Triumph Motorcycles
メーカートライアンフ【Triumph Motorcycles】
排気量2,458 cc
エンジン水冷直列3気筒
全長×全幅×全高2365 mm × 920 mm × 1125 mm
車両重量318kg
製造年2019年~
販売価格¥2,825,000円~

トライアンフのロケットシリーズの最大の特徴は、その圧倒的なパワーです。

量産バイクとして世界最大排気量の排気量を誇ります。

プロモーション動画を見ましたが、このスタイルにもかかわらずバンク角が意外と大きい印象を受けました。

ロケットシリーズもインディアンのスカウトシリーズのように派生モデルがあります。

スクロールできます
GT (MY23)GT CHROME EDITIONCHROME EDITION
出典:Indian Motorcycle International

個人的には、もう少し派生モデルに遊び心があっても良かったんじゃないかと思っています。

サンダーバード

出典:Triumph Motorcycles
メーカートライアンフ【Triumph Motorcycles】
排気量1,597 cc
エンジン水冷並列2気筒
全長×全幅×全高2340 mm × 880 mm × 1120 mm
車両重量339kg
製造年2009年~2019年
中古相場90万円~130万円

大排気量のアメリカンタイプなのに、バーチカルツインエンジンを採用しているクセのあるモデルです。

この排気量でバーチカルツインだと運転中の振動がかなり大きいのではないかと心配になります。

もちろん対策はされているんでしょうけど。

なおバーチカルツインエンジンは、同社のボンネビル。日本のメーカーだとカワサキのW800に採用されています。

ボンネビル
W800

サンダーバードのシリンダーには冷却フィンが刻まれていますが、冷却方式は水冷です。

カリフォルニア

出典:Piaggio & C spa
メーカーモトグッツィ【MOTO GUZZI】
排気量1,380 cc
エンジン空冷V型2気筒
全長×全幅×全高2455 mm × 940 mm × 1180 mm
車両重量318kg
製造年2013年~2017年
中古相場150万円~230万円

モトグッツィと言えば、代名詞の2気筒90°横置きV 空冷エンジン。

スクロールできます
メーカーハーレーモトグッツィ
外観
エンジン縦置きV型2気筒横置きV型2気筒
引用:ハーレーダビッドソンジャパン株式会社

横置きのメリットは縦置きに比べて効率良くエンジンの冷却が出来る点。

いっぽうで、タンク下からエンジンが飛び出てしまうのがデメリットです。

とはいえ、横置きV型2気筒のアメリカンバイクなんてそうそう見かけないですよね。

他の人と被りたくない人にオススメですよ。

R 18

出典:BMW AG
メーカーBMW
排気量1,801 cc
エンジン空油冷水平対向2気筒
全長×全幅×全高2465 mm × 950 mm × 1130 mm
車両重量358kg
製造年2021年~
販売価格¥2,668,000 円〜

ボクサーエンジンを搭載した個性的なクルーザーモデルです。

とても興味をそそられるバイクですが、「バイクに水平対向エンジンはどうなんだろう?」と言うのが筆者の正直な感想です。

出典:BMW Motorrad
  • 水平対向エンジンは横幅が大きくなるのでショートストロークになり、ゆっくりトコトコ走るのには向かないのでは?
  • エンジンが横に突き出ているので、ポジションが窮屈なのでは?

とはいえ、低くて長いスタイルは、王道のアメリカンスタイルと言った感じでめちゃめちゃカッコいい。

一度は所有してみたいと思っています。

ハーレー以外のアメリカンバイクを選択肢に入れてみては?

アメリカンバイク、クルーザーと聞いて、ハーレーダビッドソンをイメージするのは自然なことです。

それだけのブランドイメージを確立していますからね。

とはいえ、ハーレー以外のメーカーが作るアメリカンバイクも、なかなか尖ったモデルもあって魅力的です。

ぜひハーレー以外のアメリカンバイクを選択肢に入れてみてはいかがでしょうか?

他の人と被ることも少ないと思いますよ。

もし今お乗りのバイクからお乗り換えを考えているのであれば、なるべく早い時期のほうが良いと思います。

  • 世界的インフレによる新車バイク価格の高騰
  • 近年の中古バイク価格相場の高騰
  • 排ガス規制の強化で生産中止になるモデルが増える

本記事でも、紹介した中でも生産中止になった車体や、中古なのに新車価格以上の値段で販売されている車体もありましたよね。

そして売却の際もいきなりの買取査定やディーラーでの下取り申し込むのは避けたほうが良いです。

きっと相場より下の値段を提示されると思います。

いったん一括査定に申し込んで、相場を知ってから動き出したほうが損をせずに済みます。

\利用実績8万件以上の安心バイク買取 /

バイクの写真を送るだけで査定額を提示してくれますよ。

今回の記事は以上になります。

最後まで読んでいただいてありがとうございました。

あわせて読みたい
ハーレーの中古車はどこで買う?ディーラー認定車を買ってみた感想 ハーレーダビッドソンの中古車を買う選択肢は3つです。 正規ディーラー 中古車販売店 個人売買 筆者は正規ディーラーで認定中古車の購入をオススメします。 理由は2つ。...
あわせて読みたい
バイクを売却する前に知っておきたい【損をしないための税金の話】 バイクを売るときに発生する可能性がある税金は以下の2つです。 軽自動車税 所得税 でも安心してください。 よっぽど特殊な事情がない限りはバイクの売却時に税金はかか...
スポンサーリンク
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

タップできる目次