中免で乗れるハーレーダビッドソンX350の特徴と知っておいて欲しい話

当ページのリンクには広告が含まれています。
スポンサーリンク

ハーレーダビッドソンは大型免許が無いと乗れないと思っていませんか?

実は1台だけ中免で乗れるハーレーがあるんです。

それは『ハーレーダビッドソンX350』というモデルです。

出典:Harley-Davidson

排気量が353ccの正真正銘、中型免許で乗れるハーレーです。

正直言ってしまうと、昔からの伝統的なハーレー像を求める人にはオススメしません。

空冷大排気量Vツインの伝統的なハーレーとは全く異なるバイクです。

とはいえ、

X350がオススメな人
  • いきなり大きいハーレーは怖い
  • スポーツスターモデルも選択肢にある
  • 街乗り~ツーリングまで幅広く使いたい

そんな方に刺さるバイクと考えます。

XR1200 出典:Bennetts

個人的には過去に販売されていたXR1200を思わせるデザインがすごく好きです。

本記事では話題になっているX350の特徴を現ハーレーオーナーの目線で解説します。

では行ってみましょう。

あわせて読みたい
2024年モデル・ハーレーダビッドソンの新車の車種一覧と特徴【試乗レビューあり】 ハーレーダビッドソンの2024年モデルが発表されましたね。 発表された車種を見て気になったのは販売価格です。 なんと一部のモデルが値下げされています。 2024年モデル...
スポンサーリンク
タップできる目次

ハーレーダビッドソンX350のスペック

出典:Harley-Davidson
項目スペック
エンジン水冷式、パラレルツイン、353cc
車両重量195kg
シート高777mm
タイヤ、フロント仕様17インチ:120/70-ZR17/58W
タイヤ、リア仕様17インチ:160/60-ZR17/69W
フューエルシステムインジェクション
最高出力27kW(約36馬力)
最大トルク9,000rpm
燃費20.2km/L(WMTC)
燃料ハイオク
燃料タンク容量13.5リットル

X350のエンジン

出典:Harley-Davidson

X350は353ccの水冷並列2気筒DOHC4バルブエンジンを採用しています。

低回転でトルクで走る従来のハーレーのエンジンとは異なり、高回転域で力を発揮するエンジンです。

X350はアクセルを捻れば10,000rpm以上まで一気に吹け上がりますよ。

X350の燃費

FXDBのインジケータ類

X350はハイオク仕様で、燃費は約20km/Lです。

燃料タンクが13.5Lなので満タン給油すれば理論上は270km走ります。あくまで理論上は。

筆者の所有するFXDBも満タン給油すれば理論上300km以上走りますが、実際は250kmも走れません。

なので1回の給油で200km程度と考えるのが無難です。

給油ランプが付くのは精神衛生上良くないですからね。

ハーレーダビッドソンX特徴

スクロールできます
モデル Xシリーズスポーツスタービッグツイン
外観
排気量355cc・500cc975cc・1,252cc1,868cc他
エンジン水冷並列2気筒水冷60度Vツイン空冷90度Vツイン
販売価格¥ 699,800~¥ 1,778,800~¥ 2,549,800~
引用:ハーレーダビッドソンジャパン株式会社

実際に試乗した方からは「エンジンのレスポンスが良く、加速がスムーズ」という意見が多いです。

このことから空冷大排気量Vツインの伝統的なハーレーとは全く違ったバイクであることが伺えます。

大排気量のハーレーでは難しかった日常の通勤から週末のツーリングまで幅広いシーンでの使用できるのがX350の強みですね。

ハーレーダビッドソンXの車種一覧

スクロールできます
モデル X350X440X500
外観
排気量355cc440cc500cc
エンジン水冷並列2気筒空油冷単気筒水冷並列2気筒
販売国中・豪・日インド中・豪・日
販売価格¥ 699,800日本販売未定¥ 839,800
引用:ハーレーダビッドソンジャパン株式会社

インド生産のX440のみ日本未発売となります。

日本で購入できるのはX350とX500の2車種です。

X350のポジションはネイキッドバイクに近い

X350のカテゴリーはフラットトラックレーサースタイルのスポーツモデルに該当します。

出典:Harley-Davidson

ステップが後方にあるので、ライディングポジションはネイキッドに近いです。

フォアコンやミッドコンが主流のハーレーがバックステップを採用したのには驚きました。

X350はXR750のオマージュ

X350は今から約50年前に販売されていたXR750のオマージュしたモデルです。

出典:HARLEY-DAVIDSON

XR750は1970年代に製造されていたレーシングバイクです。

あまりレースのイメージがないハーレーですが、XR750は日本車や英車と優勝を争うほどの性能を誇っていました。

出典:HARLEY-DAVIDSON

未舗装のダートコースや舗装路のサーキットで競われるロードレースでも活躍しました。

X350の競合車種

X350が属する排気量400cc以下のカテゴリーは競合車種が多いです。

CL250

出典:本田技研工業株式会社

CL250は人気車種であるレブルのスクランブラーモデルです。

スクロールできます
モデル X350CL250
外観
製造メーカーハーレーダビッドソン本田技研工業
排気量355cc249cc
エンジン水冷並列2気筒水冷単気筒
燃費20.2km/L47.0km/L
製造国中国タイ
販売価格¥ 699,800¥ 621,500

250ccモデルなので車検が無いのが魅力です。

スクランブラーSixty2

Ducati Motor Holding S.p.A.

ドゥカティの人気モデル、Scramblerの400ccモデルです。

スクロールできます
モデル X350スクランブラーSixty2
外観
製造メーカーハーレーダビッドソンドゥカティ
排気量355cc399cc
エンジン水冷並列2気筒空冷L型2気筒
燃費20.2km/L47.0km/L
製造国中国タイ
販売価格¥ 699,800生産終了(2020年)

大排気量モデルのイメージが強いドゥカティですが、中免で乗れるモデルもあるんです。

>>イタリアのバイクメーカーの一覧と特徴

METEOR 350

出典:Royal Enfield
スクロールできます
モデル X350METEOR 350
外観
製造メーカーハーレーダビッドソンロイヤルエンフィールド
排気量355cc349cc
エンジン水冷並列2気筒空冷単気筒
燃費20.2km/L35.84km/L
製造国中国インド
販売価格¥ 699,800¥ 710,600

近年勢いのあるロイヤルエンフィールドの人気車種のひとつです。

ホンダのGB350をはじめ、クラシカルなモデルが人気ですよね。

>>イギリスのバイクメーカーの一覧と特徴

Cromwell 125

出典:BRIXTON MOTORCYCLES
スクロールできます
モデル X350Cromwell 125
外観
製造メーカーハーレーダビッドソンブリクストン
排気量355cc125cc
エンジン水冷並列2気筒空冷単気筒
燃費20.2km/L21・7km/L
製造国中国中国
販売価格¥ 699,800¥ 495,000

Cromwellはオーストリアの新興メーカー、ブリクストンのバイクです。

125ccなのでファミリーバイク保険が適用されるのも魅力ですよね。

あわせて読みたい
オーストリアのバイクメーカーの一覧と特徴【海外の人気バイクメーカーを紹介】 いまオーストリアのバイクメーカーが勢いがあります。 長らく日本メーカーとイタリアメーカーとの間で覇権争いが続いていたMotoGPですが、勢力図が変わりつつあります。...

X350は中国製

ハーレー社はアジア事業を強化し、米国以外の販売を現在の4割から27年に5割に引き上げる考えです。

今回のXシリーズはその足掛かりと考えます。

X350は中国のQJ MotorcycleのOEM

X350は中国のQJ Motorcycle(浙江銭江摩托)と生産委託契約を結んで製造されています。

そして、X350のベースとなるのがQJ Motorcycleが所有するイタリアブランドのベネリ「302S」です。

出典:Benelli 302S
X350

中国メーカーがイタリアブランドとしていて生産しているバイクをベースにアメリカのハーレー社のバイクを製造している……

もはやどこの国のバイクかわかりませんよね。

今後もアメリカ本国以外での生産が増える

ハーレー社は成長市場であるアジア地域の開拓に向け、現地メーカーと組んで若い人や初心者向けの250~400ccクラスの中小型車を増やしていく戦略取っています。

なぜなら、米国など先進国で若者の二輪車離れが進んで販売が低迷しているからです。

株価も低調ですよね。

このような背景もあり、今後もアジア市場を意識した小型車種が多くリリースされるのではないでしょうか。

X350は中免でハーレーに乗れる唯一のバイク

冒頭にも述べたように、X350は昔からの伝統的なハーレー像を求める人にはオススメしません。

空冷大排気量Vツインのハーレーとは全く異なるバイクですからね。

とはいえ、排気量の小ささと操作性の良さも相まって乗り手を選ばないのがX350の良さでもあります。

ハーレーの入門編としては最適なバイクと考えます。

乗っているうちにもっとパワーが欲しくなったら、下取りに出してスポーツスターやビッグツインに乗り換えを検討しても良いと思います。

もちろん気に入ったらそのまま全然乗り続けるのもアリです。

それと、X350を買うなら出来るだけ早いほうが良いと思います。

  • 今後資材や人件費の上昇が続く可能性が高い
  • X350は販売台数を伸ばすための戦略的価格設定にしている

きっと販売価格が上がることがあっても下がる可能性はほぼ無いと思います。

X350を入り口に他の高価格帯のハーレーを購入して欲しい戦略でしょうから、急に販売価格を吊り上げるのは考えにくいですが……

もし乗り換えの際はディーラーに下取りを出す前に、ネットで相場を調べてからにしましょう。(これを怠るとだいぶ損します。)

\利用実績8万件以上の安心バイク買取 /

バイクの写真を送るだけで査定額を提示してくれますよ。

今回の記事は以上になります。

最後まで読んでいただいてありがとうございました。

あわせて読みたい
バイクを趣味にするメリット・デメリット【趣味が無い人こそオススメしたい】 このまま趣味と呼べるものが無いまま歳をとるのは嫌だ。 20歳の頃、こんな漠然とした不安がありました。 何か一生付き合える趣味は無いものか?と悩んだ結果......手を...
あわせて読みたい
ハーレーの中古車はどこで買う?ディーラー認定車を買ってみた感想 ハーレーダビッドソンの中古車を買う選択肢は3つです。 正規ディーラー 中古車販売店 個人売買 筆者は正規ディーラーで認定中古車の購入をオススメします。 理由は2つ。...
あわせて読みたい
ハーレーをバイク王で持ち込み買取査定してもらった話【正直レビュー】 バイク王ってメチャクチャ評判悪くありませんか?筆者もそのひとりで、バイク王に良い印象を持っていません。 過去に出張査定を利用しましたが、 初見の査定額と交渉後...
スポンサーリンク
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

タップできる目次