自宅でバイクのバッテリーが上がった時の処置【インジェクション車の場合】

スポンサーリンク

気温が下がってくるとバイクのバッテリー上がりの話をよく耳にします。

キャブ車だったら押しがけで何とかなってしまいますが、インジェクション車はそうもいかない。

インジェクション車はバッテリーが上がったらジャンピングスタートをするしかないんです。

ジャンピングスタートとは

他の機器から電気を一時的に分けてもらうことでエンジンを始動させる方法。

ジャンピングスタートの方法は下記の3つです。

  1. 車からブースターケーブルを繋ぐ
  2. ジャンピングスタートキット
  3. ロードサービス

諸条件にもよりますが、気軽にできる順としては1→2→3でしょうか。

本記事ではインジェクション車両でバッテリーが上がってしまった時の処置について解説します。

なお筆者は先日『3.ロードサービス』を使いました。

では行ってみましょう。

スポンサーリンク
タップできる目次

インジェクション車両のバッテリー上がりの処置方法

車からブースターケーブルを繋ぐ

一番ポピュラーな方法です。

必要な条件は……

  • ブースターケーブルセット
  • 救護車がハイブリット車ではないこと

HV車は救護車になれない

救護車を繋ぐブースターケーブルは必須です。

でも持っていない人も多いんですよね。

さらにやっかいなのが最近は自動車はハイブリット車が主流であること。

このハイブリット車がクセ者で、救護車になれないんです。

実は車からブースターケーブルを繋ぐ手法は手軽に見えて、意外と条件が揃わないんですよね。

ブースターケーブルの繋ぎ方

出典:一般社団法人 日本自動車連盟 (JAF)

エンジンを停止させてからブースターケーブルをつなげていきます。

STEP
バッテリーが上がったバイクのプラス端子

赤いケーブルをつなげる

STEP
救援車のプラス端子

赤いケーブルをつなげる

STEP
救援車のマイナス端子

黒いケーブルをつなげる

STEP
バッテリーが上がったバイクのマイナス端子

黒いケーブルをつなげる

STEP
救援車のエンジンのみを始動

5分ほど待機。

STEP
バイクのエンジンを始動

ブースターケーブルを取り外す手順は、つなげたときの逆の順序で行います。

STEP4→STEP3→STEP2→STEP1の手順でケーブルを外す。

※救護車側のエンジンは掛けっぱなしで操作してOK

エンジンがかかったら1時間くらいバイクを止めず走行しましょう。

  • すぐにエンジンを止めてしまうと充電が不十分でセルが回らない
  • アイドリングのみだとオルタネータの発電量が弱く充電されない

これをやらないと、ジャンピングスタートのやり直しです。

ジャンピングスタートキット

最速でバッテリー上がり解消したい方にオススメです。

わざわざ救護車を探す手間もブースターケーブルを繋ぐ煩わしさも無いですからね。

友人が使っているところを見せてもらいましたが、本当に画期的なアイテムだと思いました。

ネックはちょっと値段が高いところ。

なかなか活躍する機会が無いものに5000円以上出すのは躊躇しますよね。

しかし最近ジャンピングスタートキットはモバイルバッテリーとしての機能を持ち合わせいます。

これなら買ってずっと使わないというのは無さそうですね。

ロードサービス

ロードサービスは自宅に呼べる

ロードサービスは出先のトラブルにしか使えないと思っていませんか?

実は自宅にも呼べるんです。

ありがたいことに等級ダウンの対象外で無料で使えます。

※保険会社による

ロードサービスの欠点

  • 到着までの時間がかかる
  • 加入コストがかかる

先日筆者はブースターケーブルもジャンピングスターターキットも持っていない。

仕方がなくロードサービスに頼ったわけですが、初動から到着・処置まで約1時間かかりました。

なので急いでいる方には向きません。

最後の手段といった感じですね。

とはいえレッカーも使えるし、お守りだと思えば気持ちが違いますよね。

筆者のバイクだと年間5990円。

月500円で安心が得られるなら加入しておくのも悪くないと思います。

\ 1分でわかる/

あわせて読みたい
【意外と知らない】バイク保険で自宅にロードサービスを呼べる 先日バイクを動かそうとしたらバッテリーが上がってしまっていました。 でもブースターケーブルが手元に無い。 ジャンピングスターターキットも持っていない。 そんな時...

ジャンピングスタートは諸刃の剣のようなもの

強制的にバッテリーを復活させるジャンピングスタートですが、代償は大きくバッテリーの寿命を縮めます。

使わないに越したことはないんですよ。

ハーレーに限らず、最近のバイクは電子機器がモリモリ搭載されています。

なのでメチャクチャ電気を喰うんですよね。

一度、ジャンピングスタートを使ったらバッテリーの交換の時期が近いと考えたほうが良いです。

そんな時に予備のバッテリーをひとつストックしておくと安心です。

後から電解液を入れるタイプバッテリーであれば、長期保管も利くので便利です

\ 激安バッテリーを探してみる /

今回の記事は以上になります。

最後まで読んでいただいてありがとうございました。

あわせて読みたい
【ハーレーのバッテリー上がり】寿命と交換時期を見極める方法を紹介 ハーレーのバッテリーの替え時ってわかりづらいですよね。 一般的に2年前後で交換と言われていますが、 乗り方によっても寿命も変わってくるので『何年使ったら交換』と...
あわせて読みたい
ハーレーのバッテリーは純正じゃなきゃダメ?社外品と比較してみた結果 ハーレーのバッテリーは純正じゃないとダメ? そんなことはありません。 私は『互換性のある安い社外品のバッテリーで十分』と考えます。 もちろん安心を求めるなら純正...
スポンサーリンク
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

タップできる目次