バイクのナンバープレートの再発行のやり方【必要なものと手順を紹介】

この記事でわかること
  • ナンバープレートの再発行に必要なもの
  • ナンバープレート再発行の手続きの手順

バイクのナンバープレートが割れました。

ナンバープレートのマウントの仕方が悪いのか、割れたのは今回で2回目。

やむなく、再発行の手続きをしてきたので紹介させていただきます。

この記事で紹介するのは、『現在使っているナンバーと同じナンバーを発行する方法』です。

同じナンバーを発行するには【申請手続き】に1日、間隔を空けて【ナンバープレートの引換手続き】に1日トータル2日間の時間を要します。

申請してから、新しいナンバープレートの引換えまでは1週間~2週間程度かかるので、余裕を持って手続きしましょう。

スポンサーリンク
目次

ナンバープレートの再発行の手続きの準備

手続きする場所
  • 最寄りの運輸局
必要な物
  • 車検証
  • 手続き費用:580円
所要時間
  • 15分程度(混雑していない場合)

なお、同じナンバーの再発行条件は、き損・汚損があっても、『ナンバーの読み取りが可能であること』 です。

手続き前に確認しておきましょう。

条件を満たせない場合は『ナンバーの変更』となります。

ナンバープレートの再発行の手続きの手順

では、陸運局で手続きの流れを説明していきます。

今回は【関東運輸局茨城運輸支局】を利用しました。

先に言ってしまうと、手続きのためには『ナンバーセンター』と『運輸支局』の建物を行き来しなければなりません。

korotsuke

管轄が違うから建物を分けているんでしょうけど、利用者には不便でしかありません

各都道府県の運輸局によって、多少違いはあるかもしれませんが、おおまかな流れは同じです。

ナンバーセンターへ

ナンバーセンターに入ると受付用の機械が並んでいます。

この受付用の機械を操作して手続きを進めていきます。

korotsuke

途中で車検証のQRコードの読み込みがあるので、車検証を準備しておきましょう

今回は【き損・汚損で同じナンバーを再作成される方[再交付]】ですね。

メニューに従って受付を進めると、【番号標再交付・交換申請書】がプリントアウトされます。

住所等の必要事項を記入して、運輸支局の建物に移動します。

運輸支局へ

運輸支局の受付で【番号標再交付・交換申請書】の記入内容のチェックを受け承認印もらいます。

korotsuke

車検証と現住所が異なる場合は、現住所の下に、登録時の住所を書く必要有ります

承認印をもらった 【番号標再交付・交換申請書】を持って再びナンバーセンターへ移動します。

再びナンバーセンターへ

承認印をもらった 【番号標再交付・交換申請書】を受付に提出し、手続き費用の580円を支払います。

これでようやく【番号標再交付引換証】を手にできます。

申請手続きは、これで完了です。

後日、【番号標再交付引換証】に記載された『引換可能期間中』に新しいナンバープレートを取りに行きます。

再発行したナンバープレートの引き換え手続き

必要な物
  • 番号標再交付引換証
  • 交換するナンバープレート

指定された期間内に、ナンバーセンターへの受付に【番号標再交付引換証】【交換するナンバープレート】を持っていけば、新しいナンバープレートと引き換えてもらえます。

2日とも現車確認は不要なので、バイクで出向く必要はありません。

むしろバイクで行ったら、混雑した駐車場の中でナンバーを付け替えなくてはならないので、すごくやりにくい。

(経験談)

これで手続きは全て完了となります。

まとめ:ナンバープレートは割れると手続きが面倒

まとめ
  • 最寄りの運輸局へ
  • 必要書類は車検証のみ(印鑑等も不要)
  • トータル2回、陸運局へ行く必要がある

ナンバープレートは割れてしまうと、このように手続きが面倒です。

特に管轄の陸運局が自宅から距離があると、なおさら。

今回の記事は以上になります。

最後まで読んでいただいてありがとうございました。

    スポンサーリンク
    よかったらシェアしてね!

    コメント

    コメントする

    目次
    閉じる