佐渡島バイクツーリング【オススメのルートと観光スポットを紹介】

スポンサーリンク

離島をバイクで走るって憧れませんか?

先日、長年の夢が叶って佐渡島を訪れてきました。

訪れるのにちょっとハードルが高い佐渡島ですが、バイクで走るのには最高の環境です。

とはいえ、いざ行ってみると『もっとこうしておけば良かった』と思ったことが多々ありました。

本記事ではこれから佐渡島のツーリングを考えている方に、筆者の体験談を含め『知っておいてほしい』情報を書いています。

では行ってみましょう。

あわせて読みたい
【バイクで佐渡島へのアクセス】フェリーの料金・時間・注意点を解説 バイクで佐渡島へ行くには佐渡汽船のカーフェリーを利用する以外に手段がありません。 先日、バイクツーリングで佐渡島行きのフェリーを利用しましたが、事前に調べた内...
スポンサーリンク
タップできる目次

佐渡島の日帰りツーリングはオススメしない

佐渡島の日帰りツーリングはオススメしません。

理由は以下の3点つです。

  • 島の大きさを考えると現実的ではない
  • フェリーの時間も考えなければならない
  • ツーリングスポットは海岸沿いだけではない

なにより焦ってバイクを走らせても何も楽しくありませんからね。

佐渡島は一周するのに約7時間

出典:新潟県庁

新潟県の北部に浮かぶ佐渡島ですが、実はかなり大きな島なんです。

その大きさは東京23区の1.5倍。

筆者もピンときませんでしたが、フェリーで島の姿を目にしたときは想像をはるかに超える大きさで驚きました。

これほどの大きさなので、佐渡島の外周をグルっと回るだけで7時間かかります。

さらにフェリーで拘束される時間が往復で7時間くらい。

さらに港までの移動時間を考えると、日帰りツーリングは現実的では無いですよね。

フェリーの時間も考えなければならない

離島なので帰りのフェリーの時間も考えなけれないけません。

二輪車の乗船は出航の30分前なので、これを逃すとフェリーに乗れない。

korotsuke

余裕をもって港に到着したいですね。

ツーリングスポットは海岸線のみだけではない

せっかく佐渡島にきたのに海岸沿いの道だけ走って終わりではもったいない。

佐渡島には山もあるし、佐渡金山をはじめ観光資源が豊富です。

バイクで走っても良し。バイクから降りて観光体験をしてもよし。

実際にバイクで走ってみてわかりましたが、佐渡島を1日ですべて堪能しようなんて欲張りな話です。

時間が全然足りませんでした。

日帰りツーリングなら大佐渡側に絞る

ここまで『佐渡島への日帰りツーリングはオススメ出来ない』と述べました。

ですが佐渡島の北側、大佐渡側だけなら十分日帰りツーリングが可能です。

時間の制限がある方にオススメです。

なぜ大佐渡側を選ぶのか

魅力的な観光スポット、ツーリングスポットの数です。

島の北部の大佐渡には佐渡金山北沢浮遊選鉱場跡など有名な観光スポットが集中しています。

佐渡金山
佐渡金山
北沢浮遊選鉱場跡
北沢浮遊選鉱場跡

とはいえ、これはあくまで筆者の趣向によるものです。

島の南部の小佐渡も佐渡西三川ゴールドパークなど魅力的なスポットがたくさんあります。

実はどちらを選ぶかギリギリまで迷いました。

大佐渡側のツーリングルート例

スポンサーリンク
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

タップできる目次