千葉・房総半島ツーリング【バイクと一緒に写真に収めたい景色】

千葉県、房総半島は魅力的な景観がたくさんあります。

都内からのアクセスも良く、ツーリングスポットとしても人気です。

バイクに乗る人間としては、雪が降りづらい地域なので1年中走り回れるのも大きな魅力。

そんな房総半島の魅力的な景観を、バイクと一緒に写真に収めたいですよね。

今回は『バイクのある風景』をテーマに記事をまとめました。

実際に私が撮った写真と共に紹介します。

では行ってみましょう!

スポンサーリンク
目次

鴨川松島・八岡海岸

大小七つの島(荒島・弁天島・鵜島・雀島・波涛根島・猪貝島・海獺島)の総称であり、宮城県の松島を思わせる景観からその名がついた。外房随一の名勝と言われ、新日本百景にも選ばれている。弁天島は防波堤から架橋されており、徒歩で渡ることができる。

引用:鴨川市役所

所在:〒296-0004 千葉県鴨川市貝渚2565

通称『千葉の松島』鴨川松島の魅力

さすが『千葉の松島』と言われるだけあって、とても綺麗です。

(なお本家の宮城県松島は行ったことありません)

水平線から昇る朝日を背にした写真も、とても魅力的ですよね。

korotsuke

朝の早い時間を狙ってみるのもオススメですよ

難点はアクセスが不便なところ。

そこで、どうせ鴨川松島へ行くのなら国道410号を使ってみてはどうでしょうか?

房総半島の淵をグルっと回って『房総半島最南端の野島埼灯台』に寄り道するルートも悪くないですよ。

korotsuke

海辺の白いベンチで記念撮影はいかがでしょうか?

鴨川松島には駐車場が無い

残念ながら写真を撮影した『鴨川松島(八岡海岸)』の周辺には駐車場がありません。

鴨川松島を散策する時は、少し歩きますが魚見塚一戦場公園に車両を停めましょう。

千葉フォルニア

国道16号線から北上して袖ケ浦海浜公園に向かうと、直線道路の海に面した側に、ワシントンヤシ98本が直線状に並ぶように植樹された細長い緑地帯が伸びている。このヤシの列がカリフォルニアやハワイを連想させるとして、コマーシャルやミュージックビデオのロケーション撮影が行われるなどして注目され、ブログなどを通して広く知られるようになった

引用:Wikipedia

所在地:〒299-0268 千葉県袖ケ浦市南袖33

異国のような景観が魅力の千葉フォルニア

西側に海があるので、夕方になると夕陽をバックに幻想的な写真が撮れます。

korotsuke

珍しい車やバイクもたくさんくるので、それを眺めているだけでも楽しいですよ

千葉フォルニアの撮影マナー問題

千葉フォルニアは有名な写真スポットなので、たくさんの人が訪れます。

残念ながら道路の真ん中に車を停めて撮影会を始めたり、マナーの悪い人がいる人も事実。

一部の人迷惑行為のせいで閉鎖された観光スポットは枚挙にいとまがないです。

korotsuke

今後も変わらずに楽しめるツーリングスポットであってほしですね

燈籠坂大師の切通しトンネル(とうろうざかだいし)

高さ約10mの燈籠坂大師の切通しトンネルは、燈籠坂大師堂※へ続く参道となっており、東善寺※の住職の話によると、城山(造海城)の尾根の関係で上り下りが急であったため、明治から大正と思われる頃に鋸山の石切り技法を用い切り出され、昭和初期に地元において切下げ工事を行い、現在の形になったとのことです。

引用:富津市観光協会

所在地:〒299-1622 千葉県富津市 萩生8−2

神秘的な燈籠坂大師の切通しトンネル

房総半島の名物、手掘りの洞窟がたくさんありますが、こちらの『燈籠坂大師の切通しトンネル』が一番有名ではないでしょうか?

korotsuke

光の加減によっては幻想的な写真が撮れるので、近年は隠れた人気撮影スポットになっていますよ

房総半島の海沿いは魚料理の名店が多い

燈籠坂大師の切通しトンネルを訪れた際は、近くの【さすけ食堂】 を訪れてはいかがでしょうか?

房総半島沖で水揚げされる黄金アジを使ったアジフライは絶品です。

あわせて読みたい
【さすけ食堂】『知っておきたい』並び方と駐車場と待ち時間
【さすけ食堂】『知っておきたい』並び方と駐車場と待ち時間この記事を読んでわかることさすけ食堂の並び方・待ち時間バイクで訪れた時の注意事項混雑時に訪れた時に気を付けておきたいこと先日バイクツーリングで千葉県富津市に...

燈籠坂大師の切通しトンネルの入り口は朱色の鳥居が目印

入り口がわかりにくいです。

いや。気が付いた時には通り過ぎてると言ったほうが正しい。

富津市観光協会
korotsuke

これでも白い鳥居を朱色に塗り替えたので、だいぶマシになったんですけどね

館山方面からアクセスするとトンネルを超えたら、すぐに右手に現れるので見逃しやすいし、入りにくい。

なので、『燈籠坂大師の切通しトンネル』へのアクセスは東京方面からオススメです。

養老渓谷・観音橋

養老川にかかる朱色のアーチ橋の「観音橋」
養老渓谷のシンボル的存在で、養老八景の1つにもなっている。
対岸には、春は桜、秋はモミジが綺麗に色を添えて、フォトスポットにもなっている。
橋を渡り、階段を昇れば、源頼朝公が再起をかけて祈願をしたとされる「出世観音 立国寺」がある。

 引用:市原市観光協会

所在地:〒290-0536 千葉県市原市戸面 温泉郷入口(バス)

養老渓谷沿いは景色が良くてツーリングコースにオススメ

景色の良い養老川沿いは気持ちが良く、ツーリングコースに最適です。

養老渓谷は千葉県唯一の温泉街

養老渓谷に訪れた際は温泉に浸かっていってはいかがでしょうか?

私のオススメは、珍しい洞窟温泉がある【川の家】さんです。


引用:温泉旅館 川の家

露天風呂のそれと真逆で、狭くて暗い感じが良い雰囲気。

korotsuke

日帰り入浴も出来るので是非、訪れてみてください

紅葉シーズンは混雑

景色の良い養老川沿いはツーリングコースにもってこいですが、紅葉シーズンは事情が違います。

と言うのも養老渓谷は紅葉の名所です。

紅葉のシーズン(11月下旬)には、たくさんの観光客が訪れます。

道路沿いにはたくさんの人が歩いているので、気を使ってなかなかストレスが溜まります。

目的地としての養老渓谷は有りだとは思いますが、なるべく紅葉シーズンはツーリングコースから外したほうが無難です。

房総半島は魅力的なツーリングスポットがたくさん

今回紹介したのは、私のオススメのほんの一部です。

房総半島は『山』『川』『海』すべてが揃っていて魅力に溢れています。

とてもじゃないですが、1日で全て回るには時間が足りない。

これから房総半島に出かけるたびに、記事を更新していく予定です。

korotsuke

バイクの写真に拘らなければ、紹介したいスポットはたくさんあるんですよね

今回の記事は以上になります。

最後まで読んでいただいてありがとうございました。

スポンサーリンク
よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる