泳げない大人が水泳教室【初心者コース】に参加してきた体験談

こんな人に読んで欲しい
  • 大人だけど泳げない
  • 水泳教室に通うのに躊躇している
  • 大人の水泳教室(初心者)ってどんな感じなの?
ころつけ

『大人で泳げない人』ってどれくらいいるんでしょう?

実は意外と『泳げない大人は多い』ようです。

御多分に漏れず、30歳半ばの私も全く泳げません。

学生時代のプールの授業は苦痛でしょうがなかったです。

そのような経験から心の隅っこで『泳げるようになりたい』という気持ちはずっと持っていました。

しかし無様な姿を晒して『いい大人が何やってるんだ』と思われるような気がして、水泳スクールへの入校を先送りし続けていました。

こうして『泳げなくても困らないし』とずっと自分に言い訳をしていたら30歳半ばに。

しかし今回、子供が水泳教室に通いだしたのを契機に『泳げるようになりたい』気持ちが沸き上がり『大人の水泳教室【初心者コース】』に申し込んで来ました。

全5回の教室で『どこまで泳げるようになるか』身をもってレポートします。

この記事では私が実際に教室で体験した内容と感想を正直に書いていきます。

同じ悩みを抱えている人にぜひ読んでもらいたい記事です。

スポンサーリンク
目次

大人でも多い『泳げない』とは?

泳げないと言っても『基準は人によってバラバラ』です。

泳げない定義
  • 水中に潜れない
  • 水を掻いても前に進まない
  • 息継ぎが出来ない

一般的にこの中で1つでも該当すれば『泳げない』と考えて良さそうです。

私は『息継ぎができない』うえに『正しい水の描き方がわからない』ので中々前に進まないタイプです。

ころつけ

高校生の頃の25メートル平泳ぎで溺れかけながら『1分6秒のワースト記録』を叩き出しました

【泳げない大人向け】の水泳教室ってどんな感じ?

ころつけ

私も申し込んだときは『どんな人が参加するのか?』『どんな感じで教わるのか』不安でした

どんな人が参加するのか?

市の募集に15人対して、集まったのは私を含め5人でした。

あまり人気が無い教室のようです。

一緒に教室に入るメンバーは50歳前後の男性の方2人と女性の方2人でした。

予想はしていましたが、私と同じくらいの世代(30代)の人はゼロ。

ころつけ

少し寂しかったですが、変にカッコつけずに済んだので結果的に良かったです。

準備するもの

私以外の人は『スポーツメーカーの水着』『ラッシュガードを着用』していました。

海に遊びに行くような水着を着用していたのは私だけでした。

しかし、あまりデザインが派手でなければ『わざわざスポーツメーカーの水着を準備する必要は無い』と思います。

それよりも『公共プールはキャップの着用が必須の場所が多い』ので準備をしておいた方が間違いないです。

どこでやる?どんなふうに?

時間を区切りプール1面を使って、教室が開かれると期待していましたが、私たちに与えられたのは『プール端の1/5の区切られたスペース』でした。

なので、他の利用客の視線を遮るものは何もない

おそらく企業が運営する水泳教室のプライベートレッスンでも『他の利用客と同じ空間で練習するのは避けられない』と思います。

ころつけ

どうしても気になる人は、ずっとゴーグルを着けていましょう

水泳キャップを被ってゴーグルさえ着けておけば、誰が誰だなんてわかりません。

【泳げない大人向けの水泳教室】練習内容

ころつけ

私が参加した水泳教室は各回45分となっています。

第1回目

練習内容 (7/24)
  • 水中に潜って鼻から息を出す
  • けのび
  • バタ足
  • 片手クロール(ビート板有り)
  • クロール(息継ぎ無し)
ころつけ

思った以上にハードで心が折れかけました

メンバー全員が肩で息をして、私は足が攣ってしまいました。

それでも『初めて基礎から泳ぎを教わることが出来た』ので1日でだいぶ成長できた感じがします。

しかし、泳げる気がしません。

第2回目

練習内容 (7/31)
  • 水中に潜って鼻から息を出す
  • けのび
  • 仰向けで水中に浮く(NEW)
  • 仰向けで水中に浮いた状態で脚で水かき背泳ぎ(NEW)
  • 仰向けで水中に浮いた状態で手で水かき(NEW)
  • 背泳ぎ(NEW)

まずは『泳げることを目指す教室だと思っていた』ので前回のクロールの練習の続きだと思っていました。

ころつけ

『とりあえず泳げるようになりたい』私としては『クロール』だけを練習したかったのが本音です

『仰向けに浮くどころかプールの底に沈んでしまう』私は背泳ぎが大の苦手でした。

しかし驚きました。

なんと『ちょっとしたアドバイス(首と背筋の角度)』だけで不格好ながらも、背泳ぎが出来てしまいました。

教室に参加することで『先生に改善点のアドバイスをもらえる』のと『他のメンバーの動きを見れる』ので上達が早まるのかもしれません

きっと1人で練習していたら永遠にプールの底に沈んでいたと思います。

ころつけ

希望の光が見えてきました

第3回目

練習内容 (7/24)
  • 水中に潜って鼻から息を出す
  • けのび
  • 仰向けで水中に浮いた状態で脚で水かき
  • 背泳ぎ
  • 片手クロール(ビート板有り)
  • クロール(息継ぎ無し)

3回目の今回は1回目、2回目の復習で、新しい泳法の習得はありませんでした。

ただ何となく『教室内のメンバーの技能の差が少しづつ開いてきた』ことが気になりました。

今回の内容は今までの復習なので『上達が早い人』はどんどんコツを掴んで泳げる距離が伸びていきます。

一方で『上達が遅い人』にはどうしても先生が付きっきりになってしまいます。

その結果、上達が早い人が遅い人を待つ機会が多く『上達が早い人にはストレスを感じる環境だったと思います。

これは水泳教室ならではのデメリットですね。

このデメリットを許容できない人は『プライベートレッスンを選ぶべき』だと感じました。

第4回目

困ったことに【緊急事態宣言】が出てしまったので『水泳教室は閉鎖』となってしまいました。

ころつけ

え?泳げないまま終わりですか?

本来であれば、今回を含めてあと2回、レッスンが残っていたので残念です。

【緊急事態宣言】が明けたら、もう1回申し込んでみようと思います。

ころつけ

せっかく感覚を掴んできたのに残念です

【泳げない大人向けの水泳教室参加してみてわかったこと

出来ない人の集まりだから恥ずかしくない

学校のプールの授業とは異なり『メンバー全員のレベルが横一線』なので劣等感を感じることはありませんでした。

最初は気になっていた周りの目も、泳ぐ練習で精一杯だったので気にすることも忘れていました。

そもそも他のプール利用者も、『わざわざこっちを見るほどヒマじゃない』ですよね。

まとめ:【泳げない大人向けの水泳教室】に参加して良かった

では今回の記事のまとめに行ってみましょう。

まとめ
  • 若い人は参加していない
  • 出来ない人の集まりだから恥ずかしくない
  • 基礎から教えてくれるので1人でやるより上達が早い

学生時代から『泳げないのがコンプレックス』だったので今回教室に参加しただけでも進歩です。

「泳ぐための基礎を知らないんだから『泳げなくて当たり前』だったんだ」というのが教室に参加した率直な感想です。

周りの目を気にして『水泳教室への参加をためらっていたのを後悔』しました。

残念ながら【緊急事態宣言】が出てしまったので『水泳教室は閉鎖』となってしまい、泳げるようにはなれませんでした。

手ごたえを掴んできたところだったので悔しいです。

【緊急事態宣言】が解除され水泳教室の募集が始まったら再度チャレンジ予定します。

もう勝手はわかったので怖くない!

中途半端な記事になってしまいましたが、今回の記事は以上になります。

最後まで読んでいただいてありがとうございました。

    スポンサーリンク
    よかったらシェアしてね!

    コメント

    コメントする

    目次
    閉じる