にんにくの植え方【プランターを使った栽培方法を紹介】

にんにくの植え方を調べてみると、土づくりやら、追肥やら大変そうなイメージがありませんか?

おまけに書いてあることも微妙に違う。

ころつけ

初めてにんにくを栽培した時、どれが正解かわからず困ってしまいました

今年でプランターで、にんにくを育て始めて3シーズン目になります。

昨シーズンは『何とか手を抜けないか』試行錯誤をしながら、無事に美味しいにんにくを収穫する事が出来ました。

この記事では、プランターでにんにくの植え付けに挑戦する人に向けて『簡単』に『わかりやすい』ように順を追ってやり方を紹介していきます。

私が実際にやっている植え方なので、同じようにやれば簡単に『にんにくの植え付け』が出来ます。

では行ってみましょう。

この記事を書いた人
  • 家庭菜園歴:4年目
  • 元農家の祖母のアドバイスのもと家庭菜園を始める
  • 『いかに手を抜き美味しい野菜を収穫できるか』がモットー
ころつけです
スポンサーリンク
目次

にんにくの植え付け時期

にんにくの植えつけ時期は『9月~10月』が定説です。

でも、私はもう少し時期を後ろ倒しにするべきと考えています。

具体的には10月下旬~11月の上旬あたりがオススメです。

なぜなら、9月、10月の関東地方はまだ気温が高い日があるからです。

植え付けをしてから、気温が高い日が続いてしまうとウイルス性の病気のリスクが高まります。

ころつけ

私は関東の温暖な地域に住んでいるので、なおさらです

にんにくの植え方

ニンニクの種の準備

今回使用するのは【ホワイト六片】という品種です。

地域にもよりますが、毎年8月下旬~9月になると店頭に並び始めます。

どちらかというと『寒い地域向けの品種』ですので、温かい地域には不向きです。

そうは言っても、ちゃんと育って収穫出来ています

植えつける前に、表皮を剥いて球をバラしていきましょう。

ホワイト六片は6~8くらい鱗片が採取出来ます。

この中から、しっかりした大きさの鱗片を選びましょう。

ころつけ

鱗片の大きさは収穫する実の大きさに直結します

バラした鱗片には薄皮が付いています。

この薄皮を剥いて、一晩水に漬けてあげれば発芽が促されます。

私はやりません。

ころつけ

薄皮すら剥かず、そのまま土の中に放り込んでいます

プランターの準備

今回は720型のプランターを使います。

※【720×400×260】の50Lサイズ

このサイズだと6箇所、植えつけることが出来ます。

ニンニクを植えるには最低限これくらい(25センチ以上)の深さが欲しいですね。

ころつけ

収穫の時期には鉢底石に根が達します

土の準備

ニンニクは酸性の土に弱いです。

だからと言ってアルカリ性にしてはいけません。

適正値は弱酸性(PH6.0程度)

植え付けの2週間前から、赤玉土小粒・堆肥・苦度石灰を混ぜて土作りをしていきます。

わざわざ土を作るのも面倒なので、 ホームセンターで売られている野菜用の培養土をそのまま使いましょう。

ころつけ

手間もかからないし、土の配合ミスも防げます

スポンサーリンク
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
目次
閉じる